公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集ブログ > 
  3. 小説抄 其の10「村上春樹『羊をめぐる冒険』」

公募ブログ

小説抄 其の10「村上春樹『羊をめぐる冒険』」

カテゴリ:未分類


「長嶋は燃えた」はいいが、「長嶋は燃やした」となると「何を」という疑問が残る。文法的には「燃やす」は他動詞で目的語を伴うからだが、しかし、文法など知らなくても私たちは「長嶋は燃やした」だけでは舌足らずだと感覚的に分かる。一方、日本語を学びたての外国人などにはこれが分かりにくく、だけでなく、日本人も大人になってから語学学習をするようなときはこれと同じ状態になる。その際は勘ではなく文法という理屈でこれを補う。

25年も前のことになるが、ある日、友人が興奮して「この小説はいい」と言ってきた。それは当時の学生なら論文を書くときなどに誰もが「○○をめぐる○○」というタイトルを付けたぐらい有名な作品だった。読んでみると確かにおもしろかった。影響されて、読むたびにビールが飲みたくなったり、オムレツが食べたくなったりして、ちょっと太ってしまったくらいだった。言うまでもなくそれは『羊をめぐる冒険』だ。

ただ、終盤は物語の出口を探しあぐねているようでキレが悪いような気もした。初めて読んだときはそれも魅力ぐらいに思っていたが、このすぐあとに氏の短編集を読んではっきり分かった。短編はあれほど切れ味鋭いのに、長いものになると今ひとつ、ということは、この人は志賀直哉と同じタイプなんじゃなかろうかと。

後年、村上氏がプロットを作らないで書くと聞き、なるほどそのせいかと思った。この件に関しては、「プロットを作らないから戸惑う」と言う人と「プロットを作らないからあれだけの作品が書けた」と言う人があったが、おそらく両方正解だろう。即興で曲を作っていくようなことをすれば展開に迷うこともあるが、譜面どおりに弾くような書き方ではおもしろくなりにくいということだ。プロットを作る頭は左脳だからだ。

村上氏は物語を構成するのが得意ではなかったのかもしれない。このことは実は『ノルウェイの森』を読んだときにも若干感じたが、その後、氏は語学学習をするように理論的に物語の文法を学んだらしく、今の作品に初期の作品のような逡巡はない。(黒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP

PAGE TOP