公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5415-2170
  • お問い合わせ 03-5415-2170
  1. HOME > 
  2. 編集者ブログ

公募ブログ

ふるさと納税

カテゴリ:14_ゆとり日記

こんばんは、
私用でいろいろやることが溜まっていてつらいです、ババです。

 

そのやることの1つが「ふるさと納税」。
前々から今年はやろうと決めていて、いまさら思い出して焦っています。
 
ふるさと納税とは、住民税の代わりにどこかの自治体に寄付をして、
寄付した金額分、所得税が還付されたり、次年度6月以降の住民税から控除される。
どうせ住民税とかは払わないといけないものなので
ただ住民税を払うより返礼品をもらえるふるさと納税のほうがお得だよね、というものです。
(その代わり、寄付金とは別に2000円の自己負担額があります)
多分本来の意義とは違う解釈ですが、
多くの人は上記のように考えているのではなかろうかと思います。
 
ぼくも今住んでいるところはただ家賃が安いから住んでいるだけで、
とくに住民税を払うことによる恩恵も受けていないので、
それなら自分に直接見返りのあるふるさと納税を選ぼう、ということで今回手を出してみたわけです。
 
手続き的なことをいろいろ調べてみたのですが、まあ割と簡単に進められそうでした。
返礼品を選んで、お金を払って、「お金を払いましたよ」という通知をいくつかの書類とともに
選んだ自治体に送るだけ。そしたら自治体から返礼品が送られてきて、次年度の住民税から控除されるという仕組み。
ふむ、カンタンです。
 
で、僕がよく分かってないのが、いつの分の税金の代わりに寄付しているのかということ。
今年の6月以降の税金は2018年の年収で決まっているらしい。
つまり、2020年の6月以降は2019年の年収で決まるわけです。
ただ、2019年の年収はまだ固まっていないので、2018年の年収を参考に計算しなければならない。
ということは、今年払うふるさと納税分は、2020年6月以降のものを先払いしているということなのか?
しかし、実際の寄付は今年中にしないといけないわけです。
ということは、2018年をもとに算出した2019年の税金分を「二重で払っている」ということになり、
払い過ぎた分(ふるさと納税分)を2020年6月以降に控除しますよ、ということなのか??
 
もし先払いしているのであれば、2019年の年収があがった場合、それを見越して寄付金の限度額をあげるor
月別の明細を足していって仮の源泉徴収票を作り、2019年分の限度額を試算すればよい気がするのですが、
「そうやればいいよ」とはどこにも書いていません。
 
「二重払い説」の場合はそもそも2018年分の税金なので、2018年分の所得税以上払っても、それは控除されないのでしょうか??
(限度額があるということは、全額控除はできないということですものね)
割といろいろ調べたのですが、今のところ納得のいく答えが得られていません……
 

なんでこんなことにこだわるのかというと、2018年の年収と2019年の年収が結構違うので、限度額にまずまずの開きがあるためです。
なるべく得をしたいと思っているので、だれか詳しい人は教えてください!!!
 
ババ

インフルエンザ

カテゴリ:27_お手軽DIY

こんばんは、Kです。今週も番外編でお届けします。

 

今週前半(正確には先週後半から…)は約3年ぶりインフルエンザA型にかかってしまい、月~水とお休みをいただきました。一週間の半分以上を寝て過ごしたことになります。

 

激しめの咳から始まり最大39.5℃の高熱を発症、吐き気を催したのち、少しは治ってきたかな?というタイミングで今度が寒気がやってきたりと、非常に体力がエグられます。

 

熱が下がってからも、しつこく咳が残りますね。腹筋が筋肉痛になりました。

 

皆様も時節柄、ご自愛くださいませ。

 

※今週の個人的グッドニュース:レッドブルのオーガニックコーラが入荷されていました

お気に入りの絵本紹介②

カテゴリ:26_のんびり

今回は【ビロードのうさぎ】という絵本を紹介したいと思います。


こちらは元々世界中で読まれていた名作絵本「ビロードうさぎ」を酒井駒子さんが訳・描き下ろした一冊です。
(また画像を忘れていたので後日追加しますね…)


男の子のもとにやってきたビロードでできたうさぎのぬいぐるみは
「子どもに愛されたおもちゃは いつかほんものになれる」と他のおもちゃから話を聞きます。
高価で綺麗なおもちゃたちが「自分こそがほんもの」と自信満々に言いますが…


酒井さんの重厚感がありながらもやさしいタッチの絵の世界観がぴったりと合うお話です。
金銭的価値が高い、綺麗で整ったものが必ずしも「ほんもの」というわけではない、
というのがすごく深いですね…いろいろと考えさせられます。


絵本は子ども向けのイメージが強いですが、大人が読んでも学べることがたくさんありますね。
あと、単純に好きな作家さんの大きな絵が眺められるのが嬉しいです。



デザイナーS

新卒サイト間もなくオープン。

カテゴリ:02_そうだ、応募しよう。

どーも、新卒採用担当のさわっちょです。

 

新卒サイトが間もなく完成します。
目標は12月26日。
11月から構成を考えはじめ、
ようやく終わりが見えてきました。

 

昨年は会社案内をWebに載っけただけでしたが、
今年はインタビュー(まだ書いてない…)や
社長&副社長対談(これも書いてないや…)も載せ、
みんなの素顔を見せていけたらなと思っています。

 

さらに、デザインも社内で作りました。
とっても楽しい感じに仕上がりそうです!

 

こういう仕事もできるんだよ~というのが
全体として伝わればいいなと思います。

 

澤田

しゃばしゃばカレー

カテゴリ:99_お散歩日和

寒い時期にはカレーですね。

 

先日KKさんから「激辛カレーのお店がありますよ」と教えてもらって、
いてもたってもいられず行ってきました!

 

路地裏にひっそりとたたずむ看板に「辛口」の文字。

 

IMG_7289

(さらに…)

母の認知症と小火騒ぎ

カテゴリ:11_保護猫ラウンジ

先週、我が家で小火騒ぎがありました。

 

私の母の認知症が原因です。

 

その日の朝、何時ものように二階の用事を済ませ下へ下りたら物凄く焦げ臭い臭いがして。。。。

「えっ? 何事? この臭い何? 」

 

慌てて台所のガス台を確認しにキッチンに駆け寄りましたが、ガス台は元々危険だから元栓から締めていたので大丈夫でした。

では、何処? 仏壇の線香か? 否、何処だ?と色々と探し回った結果、焦げ臭い元は電子レンジでした。

 

中を開けた瞬間、物凄い異臭がして中も黒焦げ。

 

 

思わず、悲鳴に近い声が出ました(泣)

 

 

一体、なんでこんな事に。。。。?

 

 

何事も無かったようにリビングの椅子に座っている母に問い詰めても、返ってくる言葉は何時もと一緒で

「私は知らない」「私じゃない」

 

認知症の症状だから仕方ないとは分かっていても、毎日こんな問答の繰り返し。。。正直、ほとほと疲れます。。。

 

他に燃えている物が無いかを確認したけれど見付けられず、とにかく電子レンジのコンセントとアースを外して廃棄するために外へ出し、掃除当番の日だった事から後ろ髪を引かれる思いで仕事へ行きました。

 

でも、やっぱり気になって母が日中お世話になっているデイサービスへ事の次第を連絡したら、驚く返事が返ってきました。

 

「お母さまが着用していた下着が焦げていました。」

 

 

どうしてこんな事になっているのか、ちょうど私に連絡を入れようと思っていたそうです。

 

それを聞いて考えれば考えるほど心配で仕事も手に付かず、社長に訳を言って一度家に帰していただきました。

 

帰って再度、確認したら母のベッドの上に朝には無かった筈の黒く焦げ穴が開いた靴下が置かれていました。

見た瞬間、今更だろうけど母の布団からその辺にあるもの全部を風呂場へ持っていってシャワーで水を掛けている私がいました。

やり場のない怒りが込み上げて涙が止まらなかった。。。。「もう限界だ」

 

今回、不幸中の幸いで大事には至りませんでしたが、色々な事を考え母を家で介護する事には限界を感じ介護施設を探す事にしました。

 

同年代の高齢者となった親を持つ子としては少なくとも避けられない道だとしても、辛い選択になりました。

 

 

 

 

 

 

 

ミイラ展

カテゴリ:25_RabbitHole

上野か御徒町で広告看板を見て知ったのですけど
ミイラ展なるものが国立科学博物館で開催されているそうです。
日本のミイラは即身仏が有名ですが、
学問的な探求心で自らミイラになった学者さんもいるみたい。
めっちゃ行きたい!!!
来年2月末頃までやっているので
気になった方はぜひ~。

(48) 埼玉県伊奈町の50周年記念ロゴが決定しました!(前編)

カテゴリ:13_ステキなデザイン

大宮のやや北、埼玉県は中東部に位置する「伊奈町」が来年、町制50周年を迎えるにあたり、その記念ロゴを6月に公募していました。こちらが決定したそうで、先日公式発表となっています。

 

伊奈町町制施行50周年記念ロゴマークが決定しました!
https://www.town.saitama-ina.lg.jp/0000004538.html

 

実はこの公募、個人的に挑戦していたのですが結果は残念なことに。

 

いやしくも「公募ガイド」というコンテスト専門の会社の末席を汚しながら、「ジブンは一切応募してない」では何を言っても説得力がないな。と会社から帰宅した後、夜なべしてウンウンひねり出したアイデアでしたが…そう簡単に採用なんてされないですよね(それはそう)。

 

 


伊奈町の「い」と、町の花である「バラ」があしらわれた素敵なデザイン!完敗です

 

個人的には伊奈町にゆかりはないのですが、友人が居住しており、何度も仲間で遊びに行ったことがありました。「もし万が一採用されたらびっくりするだろうな」といういたずら心=邪心が入ってしまったのがいけなかったのでしょうか。単純に、準備時間、アイデアを考える時間が圧倒的に足りなかったのは否めませんが、来年も隙あらば公募にチャレンジしていきたいと思います。

 

 

 

次回は「どのようにアイデアを考えてみたか」と「採用案と比較した際の反省点」について書いてみようと思います。ボツ案なので参考にならないかもしれませんが。。。

連載の取材でタニタに行ってきました

カテゴリ:28_アラサー編集者の日々

公募ガイド1月号発売中です。毎月注目のコンテストを紹介する「CHOICE」という連載では、ヘルスメーターや食堂などでおなじみのタニタが主催する「第3回タニタ健康川柳」を取り上げました。

 

タニタ本社の所在地は板橋区

タニタの本社は板橋区にあります

 

タニタ本社に取材に行ったのですが、エントランスの床に体重計が埋め込まれていたり(気付かず床の上に立つと自分の体重が映し出される!)、社員証に活動量計の機能が付いていたりとユニークな取り組みをしている会社でした。私もタニタを見習って健康に気を使って生活しようと思いました。

 

↓タニタを詳しく紹介している記事です

タニタ社員証=歩数計? データに応じて使えるポイント付与、狙いは

 

今回雑誌で紹介したタニタの健康川柳は、応募作品のテーマも普段の生活にもなじみがあり、副賞も豪華なのでぜひ応募してみてはどうでしょうか。

 

編集KK

PAGE TOP

PAGE TOP