あの人に聞いてみたい

「あの人に聞いてみたい」は「月刊公募ガイド」の特集でご登場いただく作家の方に、創作について質問することができるコーナーです。毎月公募ガイドONLINE上で質問を募集します。

芥川賞作家
本谷有希子さん
本谷有希子さん

本谷有希子(芥川賞作家) Motoya Yukiko

1979年、石川県生まれ。
2000年に「劇団、本谷有希子」を旗揚げし、作・演出を手がける。
2006年、『遭難、』で第10回鶴屋南北戯曲賞を史上最年少で受賞。
2008年、「幸せ最高ありがとうマジで!」で第53回岸田國士戯曲賞を受賞。
2011年、『ぬるい毒』で第33回野間文芸新人賞受賞。
2013年、『嵐のピクニック』で第7回大江健三郎賞受賞。
2014年、『自分を好きになる方法』で第27回三島由紀夫賞受賞。
2016年、『異類婚姻譚』で第154回芥川賞受賞。純文学新人賞3冠作家となる。

第7回は公募ガイド11月号の特集「創作の壁をブチ破ろう! ボツちゃん脱出計画」のSPECIAL INTERVIEWにご登場いただいた芥川賞作家の本谷有希子さんです。
取材に先立ち、本谷有希子さんへのご質問を募集しました。ご応募いただいた皆さん、ありがとうございます。
皆さまからいただいたご質問から3つ選び、本谷有希子さんに回答してもらいました。

皆さんから寄せられた質問はこちら

質問アイコン

思いついたことはメモをしますか。また、執筆される場所と時間は?

本谷有希子さんからの回答

メモはまったくしません。
執筆するのは自宅の中の仕事場です。時間は、10時から午後4時、5時ぐらいまでですが、午前中のほうが能率はいいかな。

質問アイコン

セリフに関して、自分なりのルールはありますか。

本谷有希子さんからの回答

自分が知っている人の声にセリフの声を置き換えて、頭の中でその人の声でセリフを書きます。自分の中に“人”がいないとセリフは書けないです。
想像だけで書いてしまうと、絵に描いた人のセリフのようになってしまいます。

質問アイコン

最新のセブンルールはありますか。

本谷有希子さんからの回答

「ザ・ノンフィクション」というドキュメンタリー番組を、家族が寝静まった状態で、誰にもじゃまされず、二回観る(笑)。せちがらさを受け止めて、それをわかったうえで、もう一回観ると、視点が変わって面白いんです。

公募ガイド11月号

公募ガイド11月号では、本谷有希子さんに創作の壁をブチ破る方法を伺っています。

詳しくはこちら

公募ガイド2018年11月号
特集 「創作の壁をブチ破ろう! ボツちゃん脱出計画」

10月9日発売/定価630円