第1回
ショートシナリオコンテスト

主催:TypeBeeGroup
締切:2021年2月28日(日)



第1回
ショートシナリオ
コンテスト

主催:TypeBeeGroup
締切:2021年2月28日(日)

公募ガイド編集部が、
いま最も注目しているコンテストをご紹介します。
審査のポイントからアイデアの出し方まで、作品づくりのヒントが満載!

小説でもシナリオでもOK!
セリフで紡ぐストーリーを

10代~20代に人気のゲーム小説サービス「TapNovel」(タップノベル)をご存じだろうか? マンガでもない、小説でもない。キャラクターのセリフによって物語が進んでいく、新感覚の読み物だ。このTapNovelが「告白」をテーマにショートストーリーを募集している。主催であるTypeBeeGroup 代表取締役社長の遠藤彰二さんにお話を伺った。
「会話が中心となるので、テンポ良く読めるのが特徴です。1話5分ほどで完結するので、ちょっとした時間に楽しむ人が多いですね」
(TypeBeeGroup 代表取締役社長 遠藤彰二さん)
現在配信中の作品は、すべてプロの作家や脚本家による完全オリジナル。セリフと短いモノローグによってストーリーを展開させ、イラスト部分は背景やキャラクター、アイテムなどで構成されている。
「最初のつかみが重要です。事件を起こすならなるべく早く。『こんにちは』で始まるより『大変だ!!』で始まるほうが、引き込まれますよね。さらに、セリフで読者をワクワクさせ、つい最後まで読んでしまう。そんな作品をお待ちしています」
入賞作品はすべて、オリジナルイラスト付きで掲載されるという。
「この新しいメディアに可能性を感じたら、ぜひ応募してください。チャレンジングなスタイルで、TapNovelを代表するような新しい才能に期待しています!」

「セリフ」「構成」「告白のアイデア」3つのポイントで審査!

 
セリフでキャラや
感情も表現

キャラクターは一度に最大3名まで会話が可能。テンポの良さに加え、キャラの魅力や感情の揺れをセリフで表現しよう。

 
話に引き込まれる
構成に

原稿用紙10枚だと約5分の作品となる。冒頭1分で読者の心をつかみ、メリハリのある展開で最後まで一気に読ませよう。

 
告白のアイデアで
勝負

愛の告白、罪の告白、秘密の告白……。誰もが経験したことのある「告白」だからこそ、アイデアに意外性があると◎。

 
 
 
 
 
テーマ「告白」

TapNovelに掲載することを前提としたショートストーリーを募集。
シナリオ形式・小説形式どちらでも可。400字詰め原稿用紙換算で10枚以内。
最優秀作品(1名)………… 賞金50万円
優秀作品(1名)…………… 賞金10万円
佳作(5名程度)…………… 賞金5万円
締切 2021年2月28日
発表 2021年5月頃(予定)