公募ガイド2018年4月号

  • 文芸

2018.03.08

特集

テクニックで君の文章はもっと輝く!

書くことが思いつかない、うまくまとまらない、ありきたりになってしまう。
文章のお悩みは尽きない。
そこで書きたい人のお悩みをテクニックで解決する!

SPECIAL INTERVIEW

町田康(芥川賞作家)
Machida Kou

「面白い文章など存在しない。
真面目だからギャップが面白い!」

 
―町田さんが考える面白い文章とは?

面白い文章ってないんですよ。それを人に置き換えて考えてみると、面白い人ってハゲヅラをかぶっている人ではない。その人自身は、あくまで真面目だからこそ、そのギャップが面白いわけです。吉本新喜劇でも、突飛なギャグを言う人もいますけど、基本的にはちゃんと芝居をしている。だから笑えるんです。

―それを体現している文章はありますか。

内田百閒(ひゃっけん)の文章は面白いですね。名文ですが、内容は非常にバカバカしい。百閒が弟子を連れて寝台車に乗り、酒を飲んでいたら煙草を吸いたくなった。でもDon’t smoke in bedと書いてある。そこで百閒は理屈をこねくりまわして「in bedにはベッドの中という意味と、寝た状態でという意味がある。我々は起きている。さあ、煙草を吸おう」と言うわけです。愉快ですよね。

―文章そのもので笑わせようとしてはいけないんですね。

謹厳な語り口の文章で、くだらないことが書いてあるからこそ笑えるんです。面白いことを書きたいなら、文章そのものをおちゃらけて書くのではなく、普通だと流してしまうようなことを深く考えてみることですね。

(インタビュー抜粋)

CONTENTS

文章を書く7大お悩みをテクニックで解決する!

初級編

【お悩み1】何も思いつかない人は?
→ 問いを持とう! それが主題だ

【お悩み2】うまくまとまらない人は?
→ 不要なものを削れば筋道が見える

中級編

【お悩み3】ありきたりと思う人は?
→ 一点突破で、ある面をとぎすます

【お悩み4】伝わらないと思う人は?
→ 直接的に書かず、察してもらう!

上級編

【お悩み5】うまく表現できない人は?
→ ここぞというときに比喩を使え!

【お悩み6】構成に芸がないと思う人は?
→ 本題を隠せば意外な展開に見える

番外編

【お悩み7】なぜ入選しないか理由がわからない
→ 素人は素人らしい作品を!
 

文章指南の3人の先生にもアドバイスしてもらった!

  • 思うのではなく、書くことを思い出せ!

    近藤勝重先生
    (コラムニスト)
  • 1.5割増しで大げさに、具体的に書け!

    樋口裕一先生
    (小論文指導の第一人者)
  • 展開があれば、どんな構成でもかまわない

    鈴木信一先生
    (現役高校国語教師)

いつか使ってみたい! 文章家っぽい!
慣用句辞典

比較的有名でない慣用句、ことわざを集めてみた。これが自然に使えると格が上がる!
 

巻頭インタビュー「YELL」

 


撮影:小林紀晴

Vol.037

若竹 千佐子(小説家)

「ご褒美が欲しい」より「いい作品を書きたい」がまさり、書き続けてこられた。

Profile
1954年、岩手県遠野市生まれ。子どもの頃から「小説家になる」という思いを抱いていたが、岩手大学教育学部卒業後、臨時教員を経て結婚し、専業主婦に。
55歳のとき、夫が急逝。小説講座に8年間通い、その間に『おらおらでひとりいぐも』を執筆。2017年、第54回文藝賞を史上最年長となる63歳で受賞。
同作で、翌年(2018年)1月、第158回芥川賞を史上2番目の年長受賞。


 
『おらおらでひとりいぐも』
(河出書房新社/1200円+税)

バックナンバー

公募ガイド2018年8月号

7月9日発売/定価630円

特集:エンタメはドラマ&原作から学ぼう!

>詳細を見る

>公募ガイド電子版(有料会員電子版会員限定)