特集 あなたにも描ける! エッセイ漫画誌上講座

  • 文芸

2019.06.07

特集 あなたにも描ける! エッセイ漫画誌上講座  
「これ、実話なの? すげえ」
というリアリティー

日本人は、もともと実話が好きなのかもしれません。
映画でも小説でも、実話がベースになっているとわかると、
「これ、本当にあった話なの? すげえ」
そんな感じで、圧倒的なリアリティーにひれ伏すんですね。

漫画の世界では、小説ほどはノンフィクションはなかったですが、それでも一部には実話ベースの作品もありました。
古くは、長谷川町子の『サザエさんうちあけ話』や、藤子不二雄(A)『まんが道』などがそうです。1990年代にブレイクした、さくらももこの『ちびまる子ちゃん』も実話系、日常系ですね。

でも、あくまでも一部ですね。
ところが、2000年代になり、エッセイ漫画がブレイクします。
きっかけは、2002年、メディアファクトリー(現KADOKAWA)から出版された、小栗左多里の『ダーリンは外国人』が大ヒットしたことでした。
人気の秘密は内容的な面白さもさることながら、「実話なんだ、実在するんだ」という説得力でした。
このヒットを目の当たりにし、これに続けと、他の出版社も続々エッセイ漫画に参入、現在に至ります。

 
エッセイ漫画を描きたいなら、
誰でもSNSで発信できる時代

「漫画家になりたい」という層は一定数いるようですが、プロになるとなると、なかなか狭き門です。特にストーリー漫画や劇画はハードルが高い。
ところが、エッセイ漫画は事情が違います。

エッセイ漫画は、線の数も少なく、絵もシンプルで、背景もない場合が多い。
しかも、話は実話で、中にはなんてことない日常が描かれたものもあります。
「私にも描けるかも」
そんなふうに思ってしまいますね。

実際はそんなに簡単なことではないですが、でも、描ける人というのは、
「描けないと思い込んでいたが、描いたら描けた」となったりします。
それに今はツイッターなどSNSがありますので、プロにならなくても、自分でどんどん発信していけます。

「私の人生、失敗ばかりだし、誰かに読んでもらいたい」
そう思ったら、ぜひ挑戦してみてください。
「でも、漫画なんか描いたことないし、どうすればいいの?」
そのような人のために、エッセイ漫画の描き方を特集しました。
こちらも併せてお読みください。

(ヨルモ)


〔内容〕
・KADOKAWA コミックエッセイ編集課 編集長 山﨑旬さんに聞く
・マンガ関係者が選ぶ、エッセイ漫画ガイド
 KADOKAWA 山﨑旬さんオススメ 田房永子『ママだって、人間』
 文藝春秋 馬塲智子さんオススメ 高田かや『カルト村で生まれました』
 note 三原琴実さんオススメ まめ『おばさんデイズ』
 コミチ 萬田大作さんオススメ こやまこいこ『次女ちゃん』
・人気のエッセイ漫画家インタビュー
 わたなべぽん/おづまりこ
・青沼貴子先生のエッセイ漫画誌上講座
 プロット~ネーム~下書き~作画
・エッセイ漫画 公募・投稿先ガイド
 
公募ガイド2019年7月号
公募ガイド 2019年7月号
2019年6月8日発売/定価641円
【特集】エッセイ漫画を描こう!
【INTERVIEW】 松本ひで吉(漫画家)/黒川伊保子(脳科学・AI研究者)
外部サイトで電子版購入:

みどころ

大人気連載! 投稿募集

プロに作品をみてもらえるチャンス! 入賞すると雑誌に掲載します。奮ってご応募ください。

web限定連載記事

バックナンバーの購入