特集 夏休みの3日間で書ける! 小説キット

  • 文芸

2020.08.07

特集 夏休みの3日間で書ける! 小説キット

イラスト:まつむらあきひろ


「小説なんて書けない」と思っているあなたのために、着想から推敲まで手ほどきする小説キットを作成した。書き込み方式なので、読むだけでなく、どんどん使いこなし、あなたも書ける人になろう!

巻頭インタビュー

はやみねかおる(児童文学作家)

1964年、三重県生まれ。小学校教師を務めながら、1989年『怪盗道化師(ピエロ)』で講談社児童文学新人賞に佳作入選。『名探偵夢水清志郎事件ノート』『怪盗クイーン』『都会のトム&ソーヤ』など、すべてシリーズ化され、小中学生を中心としたファンを多数もつ。

 

9月号の巻頭では、今春、『めんどくさがりな君のための文章教室』を出版したはやみねかおる先生にインタビューしました。はやみね先生は小中学生に絶大な人気を誇り、平成生まれ初の直木賞作家、朝井リョウさんも愛読者だったという児童文学作家です。
『めんどくさがりな君のための文章教室』は、中学2年生の文岡健が、マ・ダナイという猫に文章や小説を教わるという設定の指南書。
 
ダナイ:だったら、王女様や王子様を主人公にするのは、現時点では止めた方がいい
  :どうして?
ダナイ:よくわからない人間を主人公にしても、リアリティが生まれないからだよ
(中略)
  :だったら、どうしたらいい?
ダナイ:自分の周りにいる人間を見て、登場人物を作る。これが基本
(はやみねかおる『めんどくさがりな君のための文章教室』飛鳥新社)
 
同書の対象は子どもということになりますが、小説の書き方についてわかりやすく解説しており、小説ビギナーにも最適です。
今回は同書の内容を踏まえ、はやみね先生に小説の書き方についてお聞きしました。
ぜひご一読ください。
 
 

特集本編

小説を書こうと思っても、何をどう書いたらいいかわからないという人は少なくありません。
そこで本特集では、題材、ストーリー、構成といった書く前の作業から、執筆後に挫折してしまわないための心構え、推敲のコツまでを順を追って解説していきます。
目指す枚数はまずは10枚。うまくいけば3日で完結させられます。
3連休や夏休みを使って、初めての小説を書き上げよう。
 

1. ペン先生がムリ君の「無理!」をときほぐす

片手に赤ペンを持ち、悩める作家志望者を指導するペン先生が、「小説なんて書けない、無理~!」が口癖のムリ君の思い込みを優しくときほぐします。
 

2. 3日間で10枚完結!小説キット 概要

「小説を書いてみたいけど、書いたことがない」「完結したことがない」という人に、
「書けた!」という成功体験をしてもらうための小説キット。その概要を説明します。
 

3. STEP1 題材

題材はなんでもいいですが、やはり、初心者が一番書きやすいのは自分のことです。
自分の記憶を思い出し、実体験をベースにすることから始めてみよう!
 

4. STEP2 ストーリー・人物造形

ストーリーって何? どこから始まって、どこで終わればいい?
そんな人のために、わかりやすい3つの展開で説明します。
 

5. STEP3 構成

構成(プロット)は、実作品により近い話の流れにしたもの。
ここでは話を面白くする構成の代表的な3パターンを解説します。
 

6. STEP4 執筆の心構え

しっかり構想を練ったはずなのに、途中で投げ出したくなってくる。
そうなっても挫折しないように、心がけておきたいことを挙げます。
 

7. STEP5 推敲

第1稿の完成度は50%といったところ。それを100%に近づけるのが推敲。
では、推敲とは具体的にどんなことをするのか。それを解説します。
 

8. STEP6 添削事例

自分では直すところはないが、ペン先生ならどこをチェックするか。
先生が引っかかった箇所を参考に、自分で修正ができるように実例を示します。
 

9. 連動企画 ビギナーズ小説大賞

公募ガイド9月号の特集に連動して、「初めて小説を書いた」「それに近い初心者」という方に限定して、小説を募集します。
> 詳しくはこちら

公募ガイド2020年9月号
公募ガイド 2020年9月号
2020年8月7日発売/定価680円
【特集】夏休みの3日間で書ける! 小説キット
【INTERVIEW】はやみねかおる(児童文学作家)
外部サイトで電子版購入:

みどころ

大人気連載! 投稿募集

プロに作品をみてもらえるチャンス! 入賞すると雑誌に掲載します。奮ってご応募ください。

web限定連載記事

バックナンバーの購入