ドッグコンテストで毒殺事件発生?

2015.03.13

世界最大の英ドッグショー、出場犬の「毒殺説」で波紋
(2015年03月10日 ロイター)

コンテスト関連でも、意外と物騒な事件が起きています。

世界最大の犬のコンテスト「クラフツ」に参加して2位入賞した、アイリッシュ・セッターの「ジャガー」。
翌日、家に戻った後で、苦しみながら死んだそうです。

このコンテスト中に食べた肉に、どうやら毒が盛られていた疑いアリと。
1位の犬と間違えて毒殺された、嫉妬説も流れているとか。

嫉妬説、けっこうありそうですね。

ブラジルのミスコンでは、優勝者に贈られた冠を準優勝者がむしり取って罵倒する、という事件も起きています。
http://www.afpbb.com/articles/-/3038631

筒井康隆原作の映画で、「文学賞殺人事件」なんてのもありましたね。
公募・コンテストに嫉妬はつきもの、なんでしょうか。