高知を面白くする、活きのいいアイデアマンを一本釣り!

2016.10.24

main

 

超高齢化に直面する高知県に向けた、斬新なアイデア求む!地酒で乾杯する高知県移住促進イベント“オキャッカソン”10/29(土)東京・五反田にて開催!

 
高知家移住促進プロジェクト(KIP)が、高知県への移住促進を目的としたアイデアソンを10/29(土)に五反田のコワーキングスペース・CONTENZにて開催。このイベントは、高知ならではの文化である「おきゃく(=宴会)」 の要素を取り入れて、地酒での乾杯に始まり、高知由来の特産品を食べながらお互いのアイデアを披露していく、珍しいアイデアソンとなります。
 
 

「限界集落」の概念発祥の地、高知。お題は「10の地域課題」

高知県は、全国に先駆け人口減少や超高齢化に直面する、限界集落という言葉の発祥の地。しかしながら「課題解決先進県」を謳う、強い心意気を持っている県でもあります。今回、高知の移住支援として情報発信、住まいの確保、地域とのパイプ役などの役割を担う民間4団体がKIP(高知家移住促進プロジェクト)として立ち上がり、選りすぐりの「地域課題」を“エサ(=アイデアソンの課題)”として、斬新なアイデアと実行力を持ったクリエイターを選ぶ(=一本釣り)アイデアソンを開催する事になりました。
 
“オキャッカソン”で出される課題は「ふるさと納税活用」、「婚活パーティー案」、「農家後継者獲得案」、「空き家活用アイデア」等、高知県内の4地域から出揃った合計10の課題。事前に考えたアイデアを、団体担当者と一緒に、会場にてブラッシュアップしていきます。
 
一本釣り(=アイデアが採用)された方には、高知への切符として旅費5万円に加え、自分のアイデアを実現する現地活動費5万円が進呈。オキャッカソン終了後は、高知県の“おきゃく”さながらに、地酒を酌み交わしながらの交流会も予定されています。
 
 

“恋人をネットで募集”で話題になった、さとうひよりさん

最近“恋人をネットで募集した女性”として話題となったライターのさとうひよりさんも、CAMPFIREを利用して高知への半移住婚活プロジェクトを立ち上げた人物の一人です。オキャッカソン当日は、特別ゲストとしてさとうひよりさんが登場!
 
「なぜ高知へ?」「高知の魅力は?」など、高知県での半移住のリアルな体験記をありのままに語ってくれる予定です。
 

sub2

 
オキャッカソンへの参加費は無料。アイデアを出すのが好きな方、地方移住にかねてから興味のある方、高知県の課題解決を真剣に考えたい方など、誰でも参加可能です。特技や職能、バックグラウンドを存分に活かしたビッグアイデアで高知を元気にしていきましょう!
 
 

公募情報の詳細はこちら:
https://www.koubo.co.jp/web/6/detail025349.html
アイデアマン募集!土佐のクリエーター一本釣り(2016年10月29日〆切)