公募博士の公募授業 2時間目・写真を出すならどっち?TwitterとInstagram

2018.08.31

みなさんはSNSをされていますか? 最近はTwitterやInstagramから応募するコンテストもたくさんありますね! そこで今回の公募授業はTwitterやInstagramからの写真応募にスポットを当ててみたいと思います。ヒルモとヨルモも写真応募に初挑戦します!

1・トリミングするならTwitter

ヒルモ
「夏休みいっぱい遊んだね。見て!一緒にでかけた公園の写真キレイだね!」
ヨルモ
「ほんとだー! せっかくだからこの写真コンテストに出してみたらどうかな?」

【おでかけ写真コンテスト】
あなたの見つけた素敵な風景や遊ぶ姿を募集します。
TwitterまたはInstagramから応募しよう!

 

ヒルモ
「この公募、TwitterとInstagramどっちでも応募できるね。博士、こういう時はどちらで出したらいいですか?」
公募博士
「応募したい写真によって使い分けてみるといいよ。ポイントその1は『トリミング』だよ。」

Twitter・・・好きな大きさでトリミングができる。
Instagram・・・トリミングができる比率が決まっているので、写真の端が切れてしまうことがある。

 

公募博士
「上のような特徴があるから、柱などの余分な部分をカットして応募したいときはTwitterが手軽でおすすめだよ。Instagramから応募したい時は、端が切れるのを想定して、大きめに撮っておくといいね。」


左・Twitterでトリミングした写真
右・Instagramでトリミングした写真

2・加工をするならInstagram

公募博士
「応募したい写真によって使い分けてみるといいよ。ポイントその1は『トリミング』だよ。」

Twitter・・・明るさやフィルターが選べる。スタンプを押すこともできる。
Instagram・・・明るさやフィルターに加えて、コントラストや彩度・影の調整などもできる。

 

ヒルモ
「それぞれ、加工をしてみたよ。左がTwitterで、右がInstagram。どうかな?」

ヨルモ
「ほんとだー! せっかくだからこの写真コンテストに出してみたらどうかな?」
ヒルモ
「ほんと! じゃあこれで応募してみよー!」
公募博士
「ちょっと待った・・・! 応募の前に募集要項はよく読んだかな? コンテストによっては、写真の加工が不可の場合もあるからしっかり確認して応募してね。」

みなさんもTwitterとInstagram、どちらで応募するのか悩んだ際にはぜひ参考にしてみて下さいね。