【10/21締切】バラエティ豊か!あなたの一押し「卵料理レシピ」募集中

2018.10.17

卵生産量全国一を誇る茨城県小美玉市では、11月11日(日)に「第3回オミタマ玉子王国のそ・ら・ら玉子王国まつり」を開催します。小美玉産の卵を使った「食」と「遊び」のブースが盛りだくさん!

この祭りの新企画として、「我が家の玉子料理レシピ大募集」を実施中。玉子を使った料理ならなんでもOK。参加賞全員に卵6個セットがプレゼントされます。さらに、ベスト5に選ばれると卵半年分がもらえ、祭り当日に表彰式が行われます。

卵といえば、『基本の料理』や『お弁当』のレシピ本などに必ず登場している万能食材。「生で食す」「茹でる」「焼く」だけでもメニューとして完結することから、料理初心者でも簡単に調理ができるイメージがあります。その一方で卵を扱ったレシピは数えきれないほどあるように、用途がとても幅広く奥深い食材でもあります。

卵×さしすせそ

卵をどんなふうに食べているか周りの人たちに聞いてみると、定番料理にひと工夫加え、オリジナルの味にしているようです。たとえば、

・マヨネーズを入れてオムレツを作る
・卵かけご飯には麺つゆをかける
・スクランブルエッグに、溶かした味噌を入れる

などなど。身近な調味料を加えるだけで、いつものメニューが生まれ変わりますね。

卵×「さ」砂糖
卵×「し」塩
卵×「す」酢(マヨネーズ含む?)
卵×「せ」醤油
卵×「そ」味噌

これだけでもう「5パターンの卵レシピ」が出来あがります。

「卵黄」と「卵白」どっちが好き?

突然ですが、みなさんは「卵黄」と「卵白」、どちらがお好みですか?

私は昔から食卓に「目玉焼き」を出されると、黄身の部分を先に食べてしまうほど圧倒的に卵黄が好き。逆に、生卵の白身部分が苦手で、卵かけご飯のときは「濃厚な黄身だけをご飯に混ぜたい!」と思っていました。でも、余った卵白を捨てるのはもったいない……。悩んでいたときに出会ったレシピが「メレンゲクッキー」です。

卵黄ご飯とメレンゲクッキー

クッキーは1時間ほどで焼きあがるので、食後のおやつにちょうどいいですよ。材料は卵白と砂糖だけ。ブヨブヨした卵白がサクッとした食感のお菓子に大変身! このレシピのおかげで卵白が好きになりました。

卵黄と卵白に分けて使用すると、「おかず」から「お菓子」まで活用の幅がグンと広がりますね。

卵には体を作るのに不可欠な栄養素が含まれており、「完全栄養食品」とも言われています。みなさんもとっておきの楽しみ方をぜひ応募してみてくださいね。

 

マロ玉さん、我が家の卵料理レシピ大募集!!(締切10/21)
https://www.koubo.co.jp/contest/present/food/050855.html