注目の子ども向けコンテスト「第4回全国小中学生プログラミング大会」

2019.06.21

今年からテーマは自由!

今年で4回目となる「全国小中学生プログラミング大会」の概要が発表となりました。

この大会は、小中学生を対象としたプログラミング・コンテスト。
自作のオリジナル作品で「PC、スマートフォン、タブレットで動作するプログラム」「アプリ、ゲーム、ムービーなどのソフトウェア」「ロボット、電子工作などのハードウェア」であれば、使用言語や作品形式は問わず応募できます。

なお大会では、より自由な発想で創作できるよう今回からテーマを設けていません。
子供らしいのびのびとしたアイデアで、プログラミングを楽しめそうですね。審査基準の「発想力」「表現力」「技術力」をポイントにぜひチャレンジしてみてください。

応募期間は、2019年7月1日(月)から9月2日(月)まで。10月には表彰式が開催予定です!

U-22プログラミング・コンテストと連携

「全国小中学生プログラミング大会」は、将来的に国内外のIT業界で活躍する人材の発掘・育成を目的とした「U-22プログラミング・コンテスト」と連携し、プログラミングを追究したい子供へのネクストステップの提案や、両コンクールの強みを生かした連携施策を実施。大会を通して、プログラミング教育が社会的に広がることを目指しています。

この大会では、プログラミングを楽しむ中で、次のステージを見つけることもできるため、子供の腕試しや好奇心を刺激することができそうです。

2020年には小学校でプログラミング教育が必修化されるため、プログラミング教育への注目は年々集まっていますね。この大会をきかっけに、子供のプログラミングへの関心を高めてみてはどうでしょうか? 詳しくは下記URLをチェックしてみてくださいね。

(ライター 脇田知子)

 

第4回全国小中学生プログラミング大会
http://jjpc.jp/