600作品が入賞「第37回メトロ児童絵画展」作品募集

2019.07.03

子供らしい夢のある楽しい絵

公益財団法人メトロ文化財団(所在地:東京都千代田区 会長:安富 正文)と東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区 社長:山村 明義)では、第37回「メトロ児童絵画展」の開催にあたり、小学生が描いた地下鉄をモチーフにした絵を募集しています。

この絵画展は、地下鉄をモチーフにした安全やマナーなどに関する絵を描いてもらうことで、安全やマナーへの関心そして地下鉄に興味をもってもらうことを目的に、1982年から毎年開催。子どもらしいのびのびとした作品で応募できます。

対象は、国内在住の小学生。作品は、

”「地下鉄」をモチーフに「安全やマナー」などをテーマにした子どもらしい夢のある楽しい絵”

です。「八つ切りサイズ」または「B4サイズ」の画用紙に描いた作品で申し込みます。

応募は「公益財団法人メトロ文化財団 メトロ児童絵画展 事務局」へ郵送または東京メトロ各駅事務室に持参。応募期間は、2019年7月1日(月)~9月5日(木)必着まで。

入賞は「600作品」

「メトロ児童絵画展」では、特選30作品・入選70作品・佳作200作品及び奨励賞300作品、合計600作品を選出し、入賞者には賞状および賞品が贈られます。

また10月14日に定められている「鉄道の日」を記念して、10月から11月の機関には、東京メトロ駅構内及び地下鉄博物館(最寄り駅:東西線「葛西駅」)で作品の展示も予定されています。

たくさんの作品に入賞のチャンスがあるのはうれしいですね。また自分の作品が、たくさんの人に見てもらえる経験は、子供の大きな自信になりそうです。なおこの絵画展には参加賞もあります。ぜひ応募してみてくださいね。詳しくは、メトロ文化財団ホームページから確認してください。

(ライター脇田知子)

 

メトロ文化財団ホームページ
http://www.metrocf.or.jp/