SNSからも投稿可能「第1回セカンドオピニオン川柳コンテスト」

2020.03.14

ティーペックは、「第1回セカンドオピニオン川柳コンテスト」開催にあたり作品を募集しています。

あなたの川柳で、セカンドオピニオンを考える気かけをつくりませんか。
応募は、郵送・twitter・ instagram ・主催者HPより。締め切りは2020年4月5日(月)まで

セカンドオピニオン川柳

「セカンドオピニオンを他人事ではないという意識を常日頃から持ち、理解を深め、考える」ことを目的に実施される川柳コンテスト。

セカンドオピニオンをテーマとした川柳を募集しています。応募はどなたでもOK。

ちなみに、セカンドオピニオンとは、診療を受けている主治医とは別の医師に意見を求めることだそうです。

専門的な知識がなくても大丈夫。あなたが「セカンドオピニオン」について考えたり感じた気持ちを詠んでみて。

たとえば、こんな感じ↓↓

・聞いてみよう きみの人生 一度だけ (50歳・男性)
・とりあえず その気持ちから はじめよう (45歳・女性)
・セカオピは がん以外でも 使えます (31歳・女性)

優秀な作品にはギフト券などが贈呈されます。

・最優秀賞(1名 ギフトカード3万円)
・優秀賞( 2名 ギフトカード1万円)
・佳作(10名前後 ギフトカード 1,000 円)
・T-PEC 賞(健康グッズ)

自分自身や家族がもしもの時に備えて、セカンドオピニオンの理解は深めたいものですね。

ここで、一句「よく知らない もしもの時の 後悔に」。

 

※詳しい応募の規定や応募方法は、主催者HPをチェック♪

2月14日は「セカンドピニオンを考える日」

セカンドオピニオンについて正しく理解してもらうことを目的に、日本記念日協会が「セカンドピニオンを考える日」を制定しています。

日付は、なんとバレンタインデーの日と同じ、2月14日です。

2と14で2番目(2)の医師(14)と読む語呂合わせと、大切な人を思う日の「バレンタインデー」から選ばれたそうです。

セカンドオピニオンは、大切な人を想う気持ちのひとつといえますね。

 

脇田知子
職業:ライター/ラジオパーソナリティ
「働く人が好きな働きマン。」
●note
●インスタ

 

 

「第1回セカンドオピニオン川柳コンテスト」

http://www.t-pec.co.jp/n-release/files/20200203_NewsRelease.pdf

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。