賞金10万円「第10回 養徳社エッセイ賞」

2020.05.23

養徳社が主催する「第10回 養徳社エッセイ賞」では、「私のふるさと」をテーマとしたエッセイを募集しています。作品は、3200字~4000字まで。プロ・アマ問わずどなたでも応募できます。

応募は、郵送。締め切りは、2020年8月31日(月)必着です。

テーマ「私のふるさと」

今回で第10回を迎える「養徳社エッセイ賞」のテーマは「わたしのふるさと」です。だれにでもあるふるさと。あなたならどんなふるさとをつづりますか。

400字詰め原稿用紙8枚~10枚のエッセイにして応募してみて。

審査員の直木賞作家 出久根達郎氏がテーマへの思いをつづっています。

「誰にもふるさとはある。心に残るふるさとがある。必ずしも生まれ故郷と限らない。たとえば選者のふるさとは、古書であり古書店であり古書の世界である。古書の山に踏みこむと、ホッとする。豊かな気持ちになる。どなたにもそんなふるさとがあるはず。実際の古里でもよし、心のふるさとでもよし、思い出なり、思いのたけを語ってください。」

ホッとさせてくれたり、豊かな気持ちにさせてくれたり。
そんな場所や事、物がふるさとなのかもしれません。これま過ごしてきた時間や場所を振り返りながら、心に残る“ふるさと”を探ってみてもよさそうですね。

一人何作品でお応募可能!ふるって応募してみてくださいね。
1等には、10万円。佳作には3万円が用意されています。

前回の受賞者は学生

昨年のテーマは「真夏の理性」。一等は、18歳学生の酒井彩名さんでした。年齢問わず、思いのたけをつづって応募してみてくださいね。

過去の受賞作品は、主催者WEBサイトで確認できます。作品づくりの参考にしてみて!

「第10回 養徳社エッセイ賞」

●賞:賞金10万円
●締切:2020年8月31日(月)

 

脇田知子
ライター、ラジオパーソナリティ。働く人が好きな働きマン。I-wave 76.5 FM (FM いちのみや)の「モーニングi 金曜日」「教えてナビ」でレポーターとして活躍中。公募ガイド公式Instagramでも執筆中。
●note
●インスタ

 

出典:https://yotokusha.co.jp/youki/essay-2

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。