公募を探す

「第13回タムロン鉄道風景コンテスト」狙うはベストショット!

2020.07.08

鉄道のまち大宮(さいたま市)に本社を置く株式会社タムロンが主催し、さいたま市・さいたま市教育委員会・さいたま商工会議所が後援する「タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット」では、鉄道に関する写真を募集しています!

募集するのは、一般の部と小・中・高校生の部の2部門。締め切りは2020年8月25日(火)消印有効。

スマホ写真も応募可能!

同コンテストは、鉄道風景写真や鉄道のあるスナップ写真など、鉄道とその周辺を入れ込んだ写真であれば応募OK! 撮影地域や撮影機材の限定もなく、スマートフォンで撮影した写真も受け付けています。

サイズは、キャビネサイズ(2L)~四ツ切りワイドプリントまで。カラー・白黒問わず、デジタルホームプリントでも可能です。

撮影の際は「3つの密」を避ける等、新型コロナウイルス感染症対策への配慮をお願いいたします。また、撮影時期・期間の指定はないため、過去に撮影した作品での応募も歓迎!

鉄道好きのお子さんも大人の方も、ぜひ応募してみてください。

大賞をはじめ多くの賞をご用意!

審査員は、日本鉄道写真作家協会初代会長を務め、日本の鉄道写真界を牽引する写真家の広田尚敬氏と、国内外を旅しながら写真を撮り文章をつづる、フォトライターの矢野直美氏です。

審査の結果、一般の部 大賞(さいたま市長賞)に選ばれた方には、賞金30万円と副賞のタムロンレンズを贈呈。小・中・高校生の部 大賞(さいたま市教育委員会教育長賞)に選ばれた方には、賞金10万円と副賞のタムロンレンズが贈られます。

この他、部門ごとの準大賞や審査員特別賞などに加え、全応募作品より選出されるユーモアフォト賞(さいたま商工会議所会頭賞)、車輌写真賞、タムロン賞も用意されています。

前回の応募総数は過去最高!

前回は過去最高となる7,843点の作品が集まりました。主催者HPでは全ての入賞作品が掲載されています。ぜひチェックしてみてくださいね。


一般の部大賞 「ドクターイエロー、田んぼを走る」 黒須雪美様

 


小・中・高校生の部 大賞 「春の風景」 玉田 光様

 

「第13回タムロン鉄道風景コンテスト」

●賞:賞金30万円、タムロンレンズ
●締切:2020年8月25日(火)

 

香山衣美
ライター。公募の入選回数は300回以上。得意分野は川柳や短いエッセイだが、最近はアートや料理公募でも入選している。「公募ライター香山が挑戦!」企画も連載中。

 

出典:https://www.tamron.jp/special/contest/train2020/

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。