「第16回トイレ川柳」あなたのトイレエピソードを川柳に!

2020.07.16


TOTO株式会社では、「第16回(2020年度)トイレ川柳」を開催しています。自宅のトイレでの面白話や、会社や町中のトイレでの失敗談など、トイレにまつわる川柳を募集中! 締め切りは2020年8月16日(日)。

最優秀賞は「ウォシュレット40周年賞」

今年度の最優秀賞は、「ウォシュレット(※)40周年賞」です。温水洗浄便座「ウォシュレット」が販売されたのは1980年。なんと今年で40周年を迎えます! 受賞者には、「きれい除菌水」などの最新機能を搭載したタンクレストイレ「ネオレストAH/RH」または賞金20万円を贈呈!

さらに今、私たちは新しい生活様式と向き合っています。以前の日常を当たり前に過ごせない今だからこそ、「ありがとう」という感謝の気持ちを共有したいという思いから「感謝賞」が設けられました。その他、独創的な句を選出する「仲畑貴志賞」や、小学生以下を対象とした「キッズ賞」なども用意されています。

2019年発売「トイレットペーパー型川柳集」

受賞作品の20句は、トイレットペーパー型川柳集『第16回トイレ川柳大賞』として、TOTO出版より発行予定! 発行予定日は「いいトイレの日」である2020年11月10日(火)です。川柳集として楽しむもよし、使うのもよし!ですね。

※「ウォシュレット」はTOTO株式会社の登録商標です。

前回の最優秀賞は「まいったな 外で待ってた のは社長」!

今年も審査を務めるのは、日本を代表するコピーライターの仲畑貴志氏です! 毎日新聞の人気川柳コーナーの選者としても知られており、「トイレ川柳」の審査員は第1回から務めています。

2005年から毎年実施している同川柳大賞。過去15回の応募総数は、なんと37万句を超えました! 前回の最優秀賞に輝いたのは、さっぱりさんの「まいったな 外で待ってた のは社長」です。まさか社長が待っていたとは! トイレから出た瞬間、びっくりしちゃいますね……汗

主催者Webサイトでは、前回の入賞作品や審査員コメントが掲載されています。思わずあるある~と共感する川柳や、「なるほど」と感じる川柳などなど。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

「第16回(2020年度)トイレ川柳」

●賞:タンクレストイレ「ネオレストAH/RH」または賞金20万円
●締切:2020年8月16日(日)

 

香山衣美
ライター。公募の入選回数は300回以上。得意分野は川柳や短いエッセイだが、最近はアートや料理公募でも入選している。「公募ライター香山が挑戦!」企画も連載中。

 

出典:https://jp.toto.com/senryu/

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。