『はるなつふゆと七福神』のカバー替えオーディション!

2020.09.07


株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンでは「『はるなつふゆと七福神』(著:賽助)のカバー替えオーディション」を開催中。作品の世界観を表現した、思わず手に取りたくなるようなカバーデザインを募集しています。締め切りは、2020年10月16日(金)です。

本との出会いを演出しませんか

2017年に発刊した『はるなつふゆと七福神』の文庫版のカバーデザインを募集しています。最優秀賞作品は、表紙化に加えて、賞金10万円が進呈されます。

主催するディスカヴァー・トゥエンティワンは、人気著者の第一作目を多く出版してきた実績から「著者発掘のディスカヴァー」とも言われています。あなたのカバーデザインをより多くの人に見てもらえるチャンスかも!? ぜひ応募してみて!

まずは作品をチェックしてみよう

『はるなつふゆと七福神』は、全国の書店員が選んだ「世に出したい」エンタメ小説を募集する「本のサナギ賞」の第1回優秀賞作品です。

【あらすじ】
会社をクビになって自堕落な生活を送る榛名都冬(はるな つふゆ)のもとに、小さな老人2人があらわれた!
その正体はなんと七福神! しかし、七福神は七福神でも福禄寿と寿老人というかなりマイナーな神様だった……。知名度が低いことを悩む二柱に、ネットを使ったPRを頼まれた都冬。
「――お二人の名を広めることができたら、私の願い事も叶えてもらえますか?」
そうして、都冬と神様たちの可笑しな生活がはじまった……!

本のサナギ賞の審査員からは「くだらないけど大好きです!」と大好評だったそうですよ。

読むと、温かい気持ちがもらえる作品。神様の様子がなぜか憎めないんですよね。日常の人間関係や仕事で疲れた時に読んで欲しい作品だと思いました。あなたなら誰にこの作品を届けたいですか? まずは作品をチェックして、読み手をイメージするところからスタートしてみて! Amazon Unlimitedでも読めますよ。

 

「『はるなつふゆと七福神』(著:賽助)のカバー替えオーディション」

●賞:賞金10万円、受賞表紙デザインを巻きかえカバーとして期間限定発売
●締切:2020年10月16日(金)

 

脇田知子
ライター、ラジオパーソナリティ。働く人が好きな働きマン。I-wave 76.5 FM (FM いちのみや)の「モーニングi 金曜日」「教えてナビ」でレポーターとして活躍中。公募ガイド公式Instagramでも執筆中。●note●インスタ

 

出典:https://d21.co.jp/news/event/53

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。