辞書の三省堂主催「今年の新語2020」

2020.09.23


株式会社三省堂では2020年の新語を募集しています。新語とは、今年「よく見た」「よく聞いた」言葉で、現在は辞書に掲載されていないけれど今後掲載されてもおかしくない言葉のことです。応募は、主催者WEBサイトまたはTwitterより。締め切りは、2020年11月11日(水)です。

思いついたらツイートしよう

「今年の新語2020」では今年を代表する新語を募集し、その中から辞書のプロたちが選定します。「新語」は新しい言葉や語釈のことであり、オリジナルの造語ではないのでご注意ください。

異なる内容であれば何度でも応募可能。Twitterからも応募できるので思いついたらどんどんツイートしてみましょう!

応募作品の中から「今年の新語」ベスト10が選出され、国語辞典風の語釈をつけて発表されます。また投稿者の中から抽選で50名に1000円分の図書カードがプレゼントされます。

2019年の応募総数は2,017通

昨年開催された「今年の新語2019」には、延べ2,017通の応募がありました。

昨年の入賞作品一例
大賞 「―ペイ」
第2位「にわか」
第3位「あおり運転」

主催者WEBサイトでは、過去の入賞作品の選評も確認できます。選考された背景をチェックし、対策を練ってみましょう!

 

「今年の新語2020」

●賞:抽選で50名に1000円分の図書カード
●締切:2020年11月11日(水)

 

脇田知子
ライター、ラジオパーソナリティ。働く人が好きな働きマン。I-wave 76.5 FM (FM いちのみや)の「モーニングi 金曜日」「教えてナビ」でレポーターとして活躍中。公募ガイド公式Instagramでも執筆中。●note●インスタ

 

出典:https://dictionary.sanseido-publ.co.jp/shingo/2020/

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。