観て、描いて、楽しもう「映画感想画コンテスト」

2020.11.20


映画感想画コンテスト実行委員会(株式会社中四国TSUTAYA・株式会社九州TSUTAYA・株式会社東海TSUTAYA)が主催する「映画感想画コンテスト」では、心に残った映画のシーンを描いた作品を募集しています! 締め切りは2021年1月17日(日)必着。

あなたはどのシーンを切り取る?

2015年に中四国エリアで開始した同コンテスト。読書感想文ならぬ、映画感想画を募集しているユニークなコンテストです。これまでは応募できる居住エリアが限定されていましたが、今年度からは全国どこにお住まいの方でも応募可能に! さらに、未就学児部門と団体部門が新設されました。

映画作品はそれぞれ自由に選べるので、お気に入りの作品で描いてみてくださいね。用紙サイズは四つ切り程度とし、画材はクレヨン・水彩など自由。デジタル作画も受け付けています。

最優秀賞に選ばれた方には、表彰状とギフトカード2万円分が贈呈されます! 団体賞受賞校には表彰状と応募者全員分の文房具をプレゼント! この他、ぺんてる賞やサクラクレパス賞など様々な賞が用意されています。好きな映画への思いが詰まった作品をお待ちしています!

昨年は過去最多の2,400件超え!

昨年は過去最多となる2,400件を超える作品が集まりました。最優秀賞受賞作品をご紹介します!

小学生高学年の部
『ワンダー 君は太陽』岩切乃映瑠さん
中学生の部
『ハリー・ポッター』ピニョレイ・スターラさん
一般の部
『レオン』藤後 智明 さん

あの映画をこう描いたんだ!と見ているだけでワクワクしちゃいますよね。同コンテストHPでは、ご紹介した以外の受賞作品も閲覧できるので、ぜひチェックしてみてください。

 

「映画感想画コンテスト」

●賞:ギフトカード2万円分 など
●締切:2021年1月17日(日)

 

香山衣美
ライター。公募の入選回数は300回以上。得意分野は川柳や短いエッセイだが、最近はアートや料理公募でも入選している。「公募ライター香山が挑戦!」企画も連載中。

 

出典:“https://eigakansouga.com/”

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。