新時代の短歌を!「第4回笹井宏之賞」

2021.03.10


書肆侃侃房では、未発表の短歌作品50首を募集しています。締め切りは9月30日(木)。結果発表は短歌ムック「ねむらない樹」vol.8誌上(2022年2月1日発売予定)。受賞者には、受賞作品を含めた歌集の出版が確約されます。

早逝の歌人・笹井宏之氏の名を冠した賞

古くは和歌から始まった短歌。俵万智氏の大ヒット作「サラダ記念日」の出版以降、現代的な言葉で綴られる作品も増えてきました。

歌人である故・笹井宏之氏は、やわらかな語彙で独自の世界観を詠み、地元である佐賀新聞の投稿欄や歌葉新人賞受賞など、若くしてその才能を発揮しました。その才は小説家・川上未映子氏も高く評価しています。

―――
風。そしてあなたがねむる数万の夜へわたしはシーツをかける
(笹井宏之第二歌集「てんとろり」表紙より)
―――

本公募は、病により26歳で亡くなった笹井氏の功績を伝え、若い歌人を応援するため、氏の没後10年を機に設立されました。

審査員による個人賞も!

5・7・5・7・7の31音のリズムをベースに詠む短歌。俳句と違って季語は不要です。今回の募集は、50首を1篇とした「連作」という形式。どういう順で短歌を並べるか、テーマ性なども問われます。

これまでの受賞者の歌集は、すでに3冊出版されています。1冊あたり、200首以上収録されることが多いそう。これまで短歌の公募に励んできた方や、書きためた作品が多い方は、ぜひ挑戦してはいかがでしょうか。締め切りは9月なので、これから一念発起しても間に合います!

審査員は、大森静佳氏、染野太朗氏、永井祐氏、野口あや子氏、神野紗希氏の5名。それぞれの審査員が選ぶ個人賞も気になります。第3回の受賞作品「夢のあとさき」は、2月に発売された短歌ムック「ねむらない樹」vol.6に掲載されています。講評も含めて、要チェックですね! 

あなたの思いや風景を31音に乗せて、遠くまで届けるきっかけになりそうです。

 

「第4回笹井宏之賞」

●賞:歌集出版
●締切:9月30日(木)

 

青木緑
公募情報ライター。得意分野は短歌と川柳。いつか小説にも挑戦したい。公募ガイド公式Instagramでも執筆中。

 

出典:http://www.kankanbou.com/sasaiaward/

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。