ワルモノの魅力を表現しよう!「害蟲展season2作品募集」

2021.05.14

「環境を創る 未来を創る」をスローガンに、環境衛生のあり方を問う8thCAL(エシカル)が、害虫をモチーフにした平面・立体・写真・映像などの作品を募集します。エントリーの締め切りは5月25日(火)。結果発表は7月予定です。最優秀賞には賞金30万円が贈られるほか、入選作品は8月〜9月の害蟲展(東京:足立区生物園、大阪:箕面公園昆虫館)で展示されます。

ワルモノだって、イキモノだから

蚊やクモ、ハエ、ダニ、ゴキブリ、シロアリ、ムカデなど、人間の生活を脅かす害虫。衛生を損なったり、病気を媒介したり、毒を持っていたり……多くの場合が駆除の対象になります。

人間にとって「不都合」、「不快」、「不利益」な害虫ですが、悪意があるわけではなく、一生懸命に生きているだけ。私たちと同じ「生き物」であることに変わりありません。害蟲展は、そんな害虫の個性や、生命の循環の一部を担う姿など、生き物としての魅力に迫った作品を求めています。

安易に駆除をする前に彼らの本来の姿を知ることで、棲み分けや繁殖の予防など、新しい環境衛生を考えるきっかけにもなりそうです。

昆虫好き、集まれ!

前回の最優秀賞は、庭に大量発生したマルカメムシを描いた絵画作品。受賞者は「よく見ると1匹1匹は光を反射して様々な輝きを持っていることに気づきました。そんなブローチのようなかわいさにひかれて描きました」と語ります。

絵画や立体、小物入れ、ロボットなど、多彩な作品が集まった前回。昆虫に関するアート作品がこれほど多く集まる展覧会もなかなかありません。

審査員には昆虫学者の丸山宗利氏も参加予定です。昆虫が好きな人は、熱い思いをぶつけてみてはいかがでしょうか。害虫の本来のパワーや、しなやかさ、あなたが気づいた新たな一面を作品にして、多くの人にその魅力を伝えましょう!

 

「害蟲展 season2作品募集」

●賞:賞金30万円
●締切:2021年5月25日(火)

 

青木緑
公募情報ライター。得意分野は短歌と川柳。いつか小説にも挑戦したい。公募ガイド公式Instagramでも執筆中。

 

出典:https://sites.google.com/8thcal.design/exhibition/

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。