「第17回銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト」

2021.06.27


銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト2021実行委員会では、オリジナルの銀粘土作品を募集しています。テーマは 「ひらめき Inspiration」または自由。応募の申し込み期間は6月14日〜7月9日(必着)。結果発表は9月10日予定です。文部科学大臣賞(グランプリ)には50万円が贈られるほか、入選作品は東京芸術劇場展示ギャラリー1にて、12月21日~26日の会期中展示される予定です。

自宅で純銀製品が作れるなんて!

アートクレイシルバー(銀粘土)は、純銀の粉末と水、バインダーが混ざり合った粘土状の素材。焼くと銀以外の物質がなくなるため、純銀製品に変わります。

柔らかい素材なので、誰でも簡単に形が作れるのがポイントです。家庭のガスコンロで焼くこともできるそう。乾燥させたり、磨いたりなど、完成までの工程にもワクワクしますね。ステイホームが推奨されるなか、新しいことに挑戦したい方はオリジナルアクセサリーを作ってみてはいかがでしょうか? プレゼントにも喜ばれそうです。

今回の公募は、リング部門、アクセサリー部門など、5つの部門が設定されています。前回の入選作品は主催者のWEBから見ることができます。ぜひ参考にしてください。

資格を取って生涯の趣味・仕事に

ティファニーやクロムハーツなど、シルバーアクセサリーの世界には有名なブランドも数多くあります。本コンテストに応募されてくる作品も、斬新なものや、優雅で魅力的なものばかりです。

一生の趣味、そして仕事になるのが銀粘土です。これを機会に銀粘土細工を極めたくなったら、技能認定試験を目指してもいいかもしれません。数年後、数十年後、あなたの作品を求めて世界からオーダーが入るかも。夢が広がります。

あなたの「ひらめき」を形にして、本格ジュエリー作りに一歩踏みだしてみてはいかがでしょうか?

 

「第17回銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト国際展」

●賞:グランプリ=賞金50万円
●締切:2021年7月9日(金)

 

青木緑
公募情報ライター。得意分野は短歌と川柳。いつか小説にも挑戦したい。公募ガイド公式Instagramでも執筆中。

 

出典:https://www.artclayclub.com/

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。