公募を探す

ここから、絵本作家へ。「第19回 タリーズ ピクチャーブックアワード」

2022.07.31

タリーズコーヒージャパン株式会社が主催する「第19回タリーズ ピクチャーブックアワード」では、絵本部門とストーリー部門、キッズ部門の3部門で作品を募集しています。絵本大賞作品には賞金20万円が贈られ、受賞作品は絵本として刊行、タリーズ店舗で販売されます。また、キッズ部門のイラスト賞作品はそのイラストを入れたタンブラーが贈られます。

本公募は、主催者の経営理念の一つである「子どもたちや青少年の成長を促すために、夢や目標のお手伝いをする」に基づき始まりました。絵本作家の発掘や支援をし、読者である子どもたちへ夢や希望を届けたいという思いがあるそうです。

ストーリーだけでも絵本作家になれる!

あなたは、絵本をつくったことがありますか? つくったことがないあなたも大丈夫。本公募にはストーリーだけで応募できるストーリー部門があります。

絵本部門とストーリー部門のテーマは「たのしい・うれしい・だいすき」。大人も子どもも一緒に読めて、笑顔になれる作品を募集しています。ストーリー部門の受賞作品にはイラストレーターが絵をつけてくれるので、絵が描けなくても大丈夫。あなたのストーリーが絵本になります。この2部門は、共作OKです。たとえば、誰かと楽しかったことや嬉しかったことについて話し、そこからストーリーをふくらませてみるのもいいですね。SNSなどで発信している自分がハマっていることも、絵本のテーマになりそうです。あなたの“好き”を文字に書き起こせば、読む人の興味をそそる今の時代に合った作品になりそうです。

小学生以下を対象としたキッズ部門では、はがきに描いた絵を募集しています。テーマは、「すきなもの・すきなこと」。優秀作品のイラストは、タンブラーになり贈られます。


お子さんはキッズ部門、大人はストーリー、絵本部門と、家族で挑戦するのも楽しそうですね!

作品づくりのヒント

本公募で入賞するには、どのように作品をつくればいいのでしょうか? 本公募のご担当の方によると、作品をつくる際はこんなことに気をつけるといいそうです。

絵本はだれかと読んだり、一人で読んだり、お子さまに読み聞かせしたり……と色々な場面があります。
①作品を通して読み手に伝えたいメッセージがある
②テーマに沿った内容である
③絵本を読まれるターゲットが明確にある、ない場合は小さいお子さまから大人の方までいらっしゃるので、使う言葉や表現が適切である
④テキスト量が指定の絵本サイズにはまっている(絵本はページの目安が決まっていることが多く、短編小説のように長いと絵本にすることが難しい) 
ストーリー賞についてはテキストのみですので、読み手が頭の中でシーンが想像できるとなお良いです。

また、前回は絵本部門とストーリ部門を合わせ、約713作品もの応募があったそうです。その中から絵本として刊行された入賞作品を、作品づくりの参考にしましょう。

前回絵本部門 絵本大賞「かげどろぼうがくる」(左)
前回ストーリー部門 ストーリー賞「ぼくの猫ちゃん」(右)

●前回絵本部門 絵本大賞「かげどろぼうがくる」
<作品のあらすじ>
2 匹の猫は、ずっと友達。ある日、かげの中からまっくろで、でっかいクチの、めがまるい『なにか』 があらわれて…

<作品コンセプト>
どう見られているかによって、いい子にもわるい子にもなる。誰になんと言われようと、ぼくのたからものはコレだと、自信をもって言えるように。

この作品は、自分の気持ちを大切にするという作品を通して伝えたいメッセージがはっきりしています。このように、気持ちや自信を軸にすると展開が楽しめる作品がつくれそうです。

●前回ストーリー部門 ストーリー賞「ぼくの猫ちゃん」
<作品のあらすじ>

自分にふさわしい場所は自分で決める!そんなひねくれた猫はぼくちゃんと出会い、かわいくなりたいと祈ります。かわいくなった猫をぼくちゃんは好きになってくれるでしょうか?

<作品コンセプト>
タリーズの絵本をお店で手に取るたびに、大人もキュンとするような絵本があればいいのにと思い、自分が読みたかった本を書きました。テーマは『きみの望む世界とぼくの望む世界。同じだったらすごくいい。それは奇跡でそれは運命』。

この作品では、ターゲットが子どもだけでなく大人の心にも響く絵本となっています。自分が読みたいと思うものを書くということも、作品づくりのヒントになりますね。

あなたが描いた作品が、絵本になるチャンスです。ストーリー部門の締切は9月30日、絵本部門とキッズ部門の締切は10月31日。さぁ、絵本作家になる夢を叶えましょう。

 

第19回 タリーズ ピクチャーブックアワード

●賞:絵本部門 絵本大賞1点=20万円、タリーズコーヒージャパンにて絵本として刊行、タリーズコーヒー店舗にて販売
ストーリー部門 ストーリー大賞1点=10万円、タリーズコーヒージャパンにて絵本として刊行、タリーズコーヒー店舗にて販売
キッズ部門 イラスト賞=作品をタンブラーにしてプレゼント
●締切:2022年9月30日(金)


いろは
毎日、ワクワクする。そんな公募情報で、みんなの“いつも”を底上げしたいライター。ASD・ADHD・LDの子ども2人と、たくさんの人に支えられながら今日を生きている。


出典:https://www.tullys.co.jp/pb_award2022/

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。