公募を探す

集え! 高校ペン児たち「第31回全国高等学校漫画選手権大会 (まんが甲子園)」

2022.05.18

©高知県


まんが王国・土佐推進協議会では全国の高校生を対象に、「宇宙ゴミ」または「∞」をテーマとしたまんが作品を募集しています。締切は2022年5月31日。最優秀賞には賞金30万円と優勝旗、記念カップが贈呈されます。チームで全国1位の名誉を勝ち取ろう!

1枚の紙に表現しよう!

甲子園といえば野球が有名ですが、まんがにも甲子園があるのをご存じですか? 全国高等学校漫画選手権大会、通称「まんが甲子園」といい、1992年に始まりました。多くのまんが家を輩出している高知県で開催され、毎年約300校が参加しています。

最大の特徴は、3~5人のチーム戦で出題テーマに沿ったまんがを1枚の紙に描くこと。毎年8月に行われる本選大会では全国から高知市に集結し、B2大のパネルにテーマを表現します。

審査を務めるのは『黒子のバスケ』の藤巻忠俊氏や、『サメガール』の雪本愁二氏をはじめとするプロの漫画家。さらに大手出版社によるスカウト制度も導入されています。あなたの作品をプロに見てもらえるチャンスです!

テーマを上手に活かした作品が受賞!

『アイシールド21』や『ドクターストーン』で知られる稲垣理一郎氏や、NHK総合で連続ドラマ化された『いいね!光源氏くん』のえすとえむ氏など、第一線で活躍するまんが家を送り出してきたまんが甲子園。『30度目の正直』がテーマだった昨年はどのような作品が選ばれたのでしょうか。一部をご紹介します。

 

第30回大会最優秀賞

 

第30回大会第2位

 

第30回大会第3位

 

最優秀賞は、テストの話。解答や出席番号など随所に30が盛り込まれています。問題文を読んでみると全部まんがにちなんでおり、まんが愛も伝わってきますね。第2位は弓道の話。30回射ったからこそ伝わる想いに、思わずキュンとします。第3位は時代を反映した話。猫と犬のセリフが対照的でユーモアに富んでいますね。

ご紹介した作品を含むすべての作品が、主催者HPの作品データベースで閲覧できます。応募の参考にぜひご覧ください。さらに、主催者HPにある「まんが甲子園7つの鍵」は、大会へ向けての心構えが書かれているので必見です! まんが家を目指すみなさんのご応募、お待ちしています。

 

第31回全国高等学校漫画選手権大会 (まんが甲子園)
●賞:最優秀賞1点 =30万円
●締切:2022年5月31日(火)



香山衣美
ライター。公募の入選回数は400回以上。得意分野は川柳や短いエッセイだが、最近はアートや料理公募でも入選している。「公募ライター香山が挑戦!」企画も連載中。


出典:https://mangaoukoku-tosa.jp/manga-koshien31/

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。