公募を探す

あなたのデザインが市の顔に! 「愛知県大府市公式ブランドマーク募集」

2022.06.10


愛知県の西部、知多半島のつけ根に位置する大府市。2020年に市制50周年を迎えた同市では、市の魅力を全国や世界に発信できるような公式ブランドマークをキャッチコピーも添えて募集中です。次の50年に向けて、市をアピールするデザインを考えましょう! 最優秀賞には賞金10万円が贈られます。締切は2022年6月30日。

大府市の魅力をデザイン

JR東海道線で名古屋から15分という大府市。利便性と豊かな自然に恵まれた、住みやすいまちです。市政50周年にあたる2020年には「いつまでも住み続けたいサスティナブル健康都市おおぶ」を未来の都市像と定め、歩みを進めています。50周年を記念し、市の木に「サクラ」が市の花に「ツツジ」が追加指定されました。

ツツジといえば、大倉公園内には2800本ものツツジが植えられ、春には多くの人の目を楽しませてくれます。また、ぶどうの産地としても愛知県のトップを誇るそう。野菜や果物の産地などの農業と、自動車産業などの工業も盛んな同市。その魅力を広く発信するブランドマークをデザインしましょう。

サスティナブルな健康都市として

大府市を語るときに忘れてならないのは、「健康都市」を基本理念にしたまちづくりでしょう。総合型地域スポーツクラブ「OBUエニスポ」の展開やイベントを開催し、健康都市としての活動を精力的に行っています。

ウォーキング環境の整備や緑道整備など、さまざまなプロジェクトにも積極的に取り組んでおり、2021年11月3日~11月6日に開催された「第9回健康都市連合国際大会」では、世界保健機関(WHO)や健康都市連合(AFHC)から表彰を受けています。

コロナウイルスの影響もあり、日本国民だけではなく全世界の人々がより「健康」を意識するようになった世の中。あなたが考える健康都市とはなにか。サスティナブル=持続可能な健康都市を実現している大府市を、世界に誇れるブランドとしてビジュアルで表現してみませんか。

 

愛知県大府市公式ブランドマーク募集

●賞:最優秀賞(採用)1点=10万円
●締切:2022年6月30日(木)



星野千晴
旅行と食べる事が好きなライター。ユーザーの皆様に有益な公募情報をお届けします!


出典:https://www.city.obu.aichi.jp/shisei/koho/1021875/1022815.html

コンテストの趣旨がより明確に伝わるよう、公式サイトの画像を一部引用させていただくケースがございます。掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりお申し付けください。