公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5312-1600
  • お問い合わせ 03-5312-1600
TOPページ > 公募プロデュース > 主催者からのメッセージ > 東京信用保証協会 創立70周年キャラクター募集

公募プロデュース

東京信用保証協会 創立70周年キャラクター募集

公募プロデュース

東京信用保証協会 創立70周年キャラクター募集

主催:東京信用保証協会

 

東京信用保証協会が創立70周年を記念して実施。「信用保証」によって中小企業の発展をサポートする協会の取り組みをイメージさせ、多くの人に愛されるキャラクターを募集。審査員は安齋肇氏、最優秀賞賞金は30万円。

公募企画を担当された、東京信用保証協会企画部広報課にお話をうかがいました。

―― まずは公募を実施された経緯をお聞かせください

当協会は公的機関として中小企業向けの保証業務を行っているのですが、創立70周年を迎えるにあたり、多くの人により保証協会のことを知っていただき、身近で親しみのある存在としてイメージアップを図る目的で実施いたしました。子どもから大人までの幅広い層に参加してもらえるように、視覚的に伝わりやすいキャラクターの募集としました。

―― 募集開始から発表まで、どのように進めていきましたか

募集開始にあたり、パブリシティへの掲載やリーフレットを作成しました。選考については粗選考、1次選考、最終選考の3段階です。 キャラクター選定後、ネーミング案を当協会職員から募り、社内のプロジェクトチームで審査して「まるガモ応援隊」に決定しました。 そして70周年記念イベントとして行った「江戸・TOKYO 技とテクノの融合展」で、審査員の安齋肇さんを交えてマスコットキャラクターを公式発表いたしました。

―― 一連の流れの中で、印象に残ったのはどんなことでしょうか

募集期間中は、「どのくらい作品が集まるだろうか、どんな作品が来るのだろうか」と、不安と期待でいっぱいでした。結果は766点もの多くの作品をいただきホッとしました。 審査の際は、審査員の安齋さんがもし気難しい方だったらどうしよう、と心配していました。しかし実際にお会いすると、テレビで拝見しているとおりの飾らず朗らかな人柄で、立ち会った職員の緊張感もあっという間にほぐれました。

―― 寄せられた作品についてはいかがでしたか

今回の募集では、都内の美術系専門学校などにチラシを配るなどの応募勧奨を実施したこともあり、レベルの高い作品が集まったと思います。 内容では「東京」をイメージさせるものや、蟻や蜂などの「働く」イメージの昆虫や動物、育むようなハートフルな印象の作品が多かったように感じました。 最終選考の時、審査員の安齋さんは作品を一通り見ただけで「もう、だいたい決まりました」とのこと。さすが、プロはひと目見ただけでわかるんだと感心しました。

―― 初めて公募を実施された感想、また今後の展望などについてお聞かせください

公募実施前は仕事が増えて大変になるのではないかと思っていましたが、公募ガイド社のサポートもあり、スケジュール管理や発表イベントの段取り、販促品の制作など、すべての作業がスムーズに行えました。 今後は、決定したキャラクター「まるガモ応援隊」を当協会の広報物や新聞広告などに広く活用していきたいと思います。

実施スケジュール

募集開始(2007年4月20日):公募ガイド6月号掲載、リーフレット作成

矢印

募集締切(6月15日)

矢印

粗選考:作品を振り分け、効率よく良い作品を選考できるように粗選考を実施

矢印

1次選考:信用保証協会職員による選考

矢印

最終選考(7月3日):審査員安齋肇氏による選考

矢印

ネーミング募集:同協会職員から募集し、社内選考で決定

矢印

作品披露(9月11日):70周年記念イベント「江戸・TOKYO技とテクノの融合展」で発表

<取材協力>

東京信用保証協会

(2007.11.09)

公募プロデュースへのご依頼は今すぐこちらから

掲載依頼はこちらから(公募・コンテスト情報)

PAGE TOP

PAGE TOP