公募ガイド

  • お問い合わせ 03-5312-1600
  • お問い合わせ 03-5312-1600
TOPページ > 公募プロデュース > 公募の流れ > 結果発表・作品活用

公募プロデュース

結果発表・作品活用

公募プロデュース

決定作品の広報・表彰と、発表後の作品活用について検討していきましょう。

結果発表

力作を選考したら、公募の最後の仕上げである結果の発表です。

応募者への通知をもって公募を終了することもできますが、この結果発表はまた新たなPRの機会でもあります。リリースを配信したり、イベントと連動させて発表することでより多くの話題作りができるでしょう。

表彰関連(表彰状・副賞の手配、表彰式のプロデュース)

盛大な表彰式を行うことも

大小さまざまな公募があるように、表彰形式もさまざまです。また、賞品や賞状を贈呈するだけの場合も、贈呈方法や手配の方法は多岐にわたります。特に賞金が発生する場合は、入賞者へのスムーズな対応を心がけたいものです。

作品の活用

入賞作品集などにまとめる

キャラクターや愛称の募集をする場合は、当初より採用作品の活用の予定がある場合がほとんどでしょう。しかし、その他の文芸作品や音楽作品、アート作品なども、結果発表をして終わりではもったいないものです。

一例として、作品集としてまとめることができます。また、まとめるだけではなく、出版したり販売することも可能でしょう。応募作品の活用をきっかけとして、新たな応募者とコミュニケーションをとるチャンスにもなります。

 

公募ガイド社では作品集の制作も承ります(音楽CD制作作品集の制作

次回開催へ向けて

コンセプトや内容によっては、公募を定期開催にしてその後のPRにつなげたいところです。まずは実際行った公募の総括をして、問題点や課題を整理しましょう。1年ごとの開催となれば、結果発表まで終わったこの時期、もう次回の準備に着手しはじめても早すぎることはありません。

企画・運営サポートはこちらから

公募プロデュースへのご依頼は今すぐこちらから

掲載依頼はこちらから(公募・コンテスト情報)

PAGE TOP

PAGE TOP