九杯目は、新生活にワクワクしながら

  • コラム・リサーチ
  • ネーミング・標語

2017.11.24

世の中のコピーは、どんな人たちが、どのように作っているのだろう? コピーライターであり公募ガイドスタッフのダイゴロが、日々のコピー作りについて語ります。

九杯目は、新生活にワクワクしながら

第9回目は、住宅街をのんびり歩きながらお送りします。これから始まる新生活どうなるのかなあ……などと考えながら。前回公募ガイドが引っ越したわけですが、僕自身も引っ越しをすることにしました。

しかし、この引越し、ただの引越しではありません。家探しをしてくださった不動産屋さんがコピーライターの知人なんです。正確にはコピーを趣味にしているアマチュアさんなのですが、数々の広告賞を受賞されている方でして。

コピーの使い手と通常の不動産屋では、どう違うのか? 一緒にいくつかの家を歩いて回り、感じたのは「紹介する時の、言葉が違う」ということ。

例えば、以前の家の紹介をした不動産屋さんは「ここはいいですよーいろんな方から大人気でしてー! もう、今入らなかったら損です、後悔します! はい、契約書! 」と一方的に決まる形でした。

一方、今回のコピーライターさんのご紹介がこちら。
「キッチンの窓際に小さいテーブルがあるでしょ? 食材もまな板も置けるし、ご飯を作るとき便利だと思う。料理好きな君にオススメだね」
「このクーラー、古くて気になるかい? せっかくの新生活だし気持ちよくスタートしたいもんね。わかった、新しく取り替えられるか聞いてみよう」
まっったく違いますね……そう、この方、僕の新生活の様子を想像しながら話していらっしゃるんです。僕の視点に立ち、僕の頭にビジュアルが浮かぶような言葉を選んでくれる。「前の家より、ずっと魅力的だ」冬に差し掛かった昼下がり、新居を眺めながらそう感じていました。

「短い言葉で、ビジョンがパッと浮かぶ。それがコピー」

かつて基礎講座受講中に、ある先生がおっしゃっていました。異業種でありながら、コピーの力を見事に生かしている仲間。「俺も、見習わねばならないな」決意と新しい暮らしへの期待を込め、○っとレモン飲みます、ぐいっ。

バックナンバー

2018年6月22日 二十四杯目は、紫陽花とともにSKATを読む
2018年6月8日 二十三杯目は、大学生とともにコピーを学ぶ
2018年5月25日 二十二杯目は、コピーを大学教授から学ぶ
2018年5月11日 第二十一杯目は、晴れ渡る祝いの春の日に
2018年4月6日 二十杯目は、公募は全力でやろう!!
2018年4月6日 十九杯目は「イヤなことピュっと忘レよ!」
2018年3月23日 第十八杯目は、雨の降りしきる深夜の新宿にて
2018年3月9日 十七杯目は、門出の季節を感じながら
2018年2月23日 十六杯目は、ストイックな公募コピーライターに直撃して
2018年1月23日 十四杯目は、 1ミニッツCMアワード攻略編
2018年2月9日 十五杯目は「k-mix RADIO CMコピーコンテスト」攻略編
2017年12月28日 十三杯目は、文化放送ラジオCMコンテストスペシャル(下)
2017年12月27日 十二杯目は、文化放送ラジオCMコンテストスペシャル(中)
2017年12月26日 十一杯目は、文化放送ラジオCMコンテストスペシャル(上)
2017年12月7日 十杯目は、考えることを考えながら
2017年11月24日 九杯目は、新生活にワクワクしながら
2017年11月9日 八杯目は、東京タワーを見上げて
2017年10月26日 七杯目は、ガンジス河を思い出しながら
2017年10月12日 六杯目は、ライバルに思いを馳せながら
2017年9月28日 五杯目は、試乗会の風に吹かれて
2017年9月14日 四杯目は、取材を終えたデスクにて
2017年8月31日 三杯目は、夏の渋谷をさまよいながら
2017年8月21日 二杯目は、異国のホテルから
2017年8月3日 一杯目は、固めに