語尾の大切さ

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2017.09.08

公募歴2年半にして入選回数100以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

語尾の大切さ

皆さんは、文章の語尾をどうされていますか?
ですます調? なのだ調? 口調と同じ?
というのも、このコーナーを読んでくれた友人たちからの反響を受けたのだ。
「語尾のせいで、ゆみこらしさが出てなくて、寂しいんだけど」
と。
他にも、「論文っぽい」「この文体だと笑いどころがあってもわかりにくい」という指摘をもらった。

確かに、自分の文を読み返してみると、かたい!
比べること自体失礼だが、コピーライターのダイゴロさんの連載は、なんとも軽快である。最後の、グイッという決まり文句も、リズミカル。
私のはまるで、先生に提出して単位をもらうための文体だ。

そんなとき教師になった友人が
「徐々にゆみこらしさが出てくるんじゃない? どんな漫画家も最初と最終回の絵は全然違うよね」という言葉をくれた。
救いの神の言葉である。
初回だもんね、と心は落ち着いたが、ならば友人たちが言う私らしさってなに?
という課題にぶつかる。
この年齢になって、自分探しをするとは思いもしなかった。

実際、私の話し言葉は、自分で言うのもなんだが、もっと明るく柔らかい。
そして崩れている。訛りがあり、さらに度重なる引っ越しでいろんな方言が混ざっている。
今回、このように人目に触れる文章を書いて気づいたが、読者の方々はもちろん私を知らない人が大半なのである。
気を付けないと、自分で思っているニュアンスとは別の印象を与えてしまうようだ。

これは公募に投稿するときも同じことで、どんな人が読み、どのような雰囲気が求められているのか、を考える必要があるだろう。
文体を間違えると、内容以前に選考でもったいない思いをする可能性がある。
今回のタイトルは「気ままに公募ママ」
これは、公募に親しみを持ってもらい、読んでくださった人が、気軽に公募に挑戦できるように、という願いを込めて考えた。
それなのに、とっつきにくい文章を書いたら、逆効果ではないか。
そういうわけで、次回からはもう少し柔らかい語尾を心がけるようにしようっと。

バックナンバー

2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに