どこに入っているの?

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2018.09.14

公募歴2年半にして入選回数100以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

「好きな番組が入っていたが、眠かったので布団を着て寝た」

この文章に違和感はありますでしょうか。
なんとも思わない方は、地方出身者だと思われます。
これは本来、
「好きな番組がやっていたが、眠かったので布団をかぶって寝た」
と訳せば正しいでしょうか。標準語勉強中の私には正解すらわからないのですが。
私はこれまでに東北、北海道、関東をぐるぐると引っ越してきました。
そのため、方言が混ざり合って標準語に自信がないのです。
そしてこれは、文章を書くときに深く響いてきます。

それは、初めて小説を書いたときのことでした。
短編小説やショートショートは最近募集も多く、私も短めのものなら書けるかもしれない!と、挑戦してみたのです。

内容をざっと説明しますとこんな感じです。
「いつも靴が汚れている少年が社会に反発しつつも努力をし、ピカピカの靴を履ける大人になるまで」
というハングリー精神を露骨に描いたなんとも泥臭い話ですが、重要なキーワードとなる「靴」が問題でした。
私はその少年の靴のことをなんともなしに「彼のズックは~」と常に書いていました。
しかし、東京出身の友人に話すと「ズックってなに?」と言われてしまったのです!
確認のため北海道の友人にも聞いてみました。すると、
「ズックって言うけど、もうあんま使わないっさ」
なんと方言というだけではなく、古くもなっていたとは……言葉には鮮度もあるのですね。

過去には「ふるさとへの手紙」や「ふるさとの詩」という公募で、方言を使い入選した経験があります。
文中に方言を入れたのは、自分の故郷の言葉が大好きで誇りに思っているからです。
状況によっては、方言を使わなければ伝わらないニュアンスもあります。
そのようにあえて使うのであればいいのですが、無意識に使ってしまうこの切なさ。
標準語に自信がない分、言葉の使い方は人一倍意識しなければ……と思わされる日々です。
地方出身者の方は愛すべき方言が、もしかすると思わぬ落とし穴となっているかも!?

バックナンバー

2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに