賞を深掘り!「響」文学賞

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2018.11.16

公募歴2年半にして入選回数100以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

「『響』文学賞」という公募で、制作委員会賞をいただきました。

公募ガイド10月号ではちょうど「響」の特集でしたね!
この作品は、天才少女が芥川賞と直木賞を同時受賞するというサクセスストーリー。
今回の公募は、この大ヒットコミックから映画『響 –HIBIKI-』の公開を記念して東宝株式会社が開催したものです。
「響」をテーマに作文ジェネレーターを使用し、54字ぴったりで自由に表現するというお題でした。

作文ジェネレーターとは文字を入力するだけで、原稿用紙の画像を勝手に作成してくれる画期的なシステム。
その画像となったものをツィッターに張り付けて投稿するという応募方法でした。
これは初めてのことで、調べていくうちに知ったのですが、作文ジェネレーターによる9マス×6行の「54字の物語」は、ツィッター上で流行しているようです。
たった54字でもっと先が読みたくなるように皆さん工夫されているので、読み物として大変面白くお勧めです!

今回私が入選した作品はこちら。

奇跡的に入れた大学で合奏の授業があり、軽い気持ちで受け持ったトランペットに4年間泣かされた自身の経験を書きました。
熟練した吹奏楽経験者の中、初心者の私から出る楽器とは思えない音。
教室にも通い、私なりに努力はしたつもりですが一向にうまくならず、コンサートでは吹いたふりをする日々。
そんな「響かなかった音」を書いたのです。

周囲への申し訳なさ、情けなさ、劣等感、挫折。それを親友に相談すると
「前世の死因、トランペットで殴られたかなんかしたんじゃない」
と、ブラックジョークで笑い飛ばしてくれたのです。
落ち込んでばかりいた私の心を、軽くしてくれたことをよく覚えています。

思うようにいかないことは誰にでもありますし、自分の頭の中でポジティブに変換できない時もあるでしょう。
しかし、この友人のひとことのように言葉には現実さえ変えてしまう「力」がある。
これまで私が入賞した作品は総じて、誰かが私にくれた「力」を書いたものが多いです。

誰かの面白い言葉に敏感になったり、自分を変えてくれた言葉を心に刻んでおくことは、公募にとっても人生にとっても、重要なのかもしれません。

バックナンバー

2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに