ルーツをたどる

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2019.02.08

公募歴2年半にして入選回数100以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

こどもの頃に好きだった遊びを覚えていますか。
思い返すと、私はずっと公募に近いようなことをしてきました。

小学校の頃にはまっていたのは、壁新聞作り。
内容は、友達がハムスターを飼ってほしいと連れてきたとか、理科で育てたトウモロコシが枯れたとか。
それを絵や字で新聞にして居間に貼り、家族が少しでも見てくれると嬉しかったのを覚えています。
なんということはない出来事を、できるだけ面白く書こうとするのは公募でも同じ感覚です。

また、中学では広告作りが好きになりました。
例えば、地元の遊園地のチラシを勝手に作って教室に貼るなど。
何度か制作していると、先生は「この企業の回し者か?」なんて笑っていました。
今思うと作品を誰かに見せたいという願望が当時からあり、現在それが公募でかなっているのかもしれません。

そして大人になり、そんな遊びも無駄ではなかったと思える出来事がありました。
以前所属していた親子サークルは、メンバーが5組しかおらず存続が危ぶまれるという状況にありました。
そこで、メンバーと協力してとにかく宣伝に力を入れ、認知度を上げることにしたのです。
チラシは公募に取り組む感覚で作成しました。
なるべく文字数を少なめにし、印象をポップなものに変え、親子で楽しめそうな「気軽さ」をテーマにしたのです。
それをニーズがありそうな場所に配布。
すると、メンバー総出で努力した甲斐があり、見学者が続々と来たのです。
数か月後には会員が6倍となり、入会を打ち切りにするほどの成長を遂げました。
公募の基本は相手のニーズにこたえることだと思いますが、このように日常生活にも活きるのだなあと感じた経験でした。

私はこのチラシ作りも公募も、いまだに壁新聞を書いていた頃のような楽しい気持ちで取り組んでいます。
よく入選する秘訣を聞かれますが、私の「楽しい」という思いが、相手にも伝わっているのかもしれません。

公募を趣味で長く続けることができている方々はおそらく、「楽しい」に正直なのではないでしょうか。
楽しさには周りを巻き込むパワーがあります。
これは公募でも、日常生活の中でも大切にしたいことです。

バックナンバー

2019年11月18日 「進行形」の力
2019年10月25日 公募の入口
2019年10月4日 公募をする理由
2019年9月13日 連想ゲーム
2019年8月26日 抽選か審査か
2019年8月2日 俳句に挑戦
2019年7月12日 憧れを形に
2019年6月21日 公募仲間
2019年6月3日 ゴーストレート
2019年5月10日 わかってもらうには
2019年4月12日 時代を詠み込む
2019年3月22日 投稿し続ける意味
2019年3月1日 祖母の教え
2019年2月8日 ルーツをたどる
2019年1月18日 ペンネームどうしますか?
2018年12月27日 公募ママへの思い
2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに