祖母の教え

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2019.03.01

公募歴2年半にして入選回数100以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

第35回吉徳ひな祭俳句賞で第三席となり、賞状と市松人形をいただきました。
日本人形の老舗である吉徳の俳句賞には、毎年投稿していたので大変嬉しく思います。

入賞句

「雛を出し娘を産んだ日を語る」

 

選者は俳人である黒田杏子さんで、なんと手書きの総評が!
そこに書かれた「素直に素朴に詠みあげられてなんとも楽しい俳句」という評価を見て、思い当たることがありました。
私は祖母の影響を受けている、ということです。

実は祖母も趣味で俳句を投稿し、よく入選しています。
元は私の叔父が本格的に俳句に携わっており、詠むのを聞いているうちに、祖母も自然と始めたそうです。
祖母の句も「素直で素朴に詠まれている」と評されることが多く、私はいつの間にか手本にしていたのだと、今回の入賞で実感しました。

そんな祖母は学生の頃、宿題の日記が毎回先生に褒められていたといいます。
理由を聞くと「何々があり、どう思った」ではなく「雪がどのように降っているように見えた」というような内容を、毎日書いたというのです。
それを聞いた時は、大きな発見をした気分でした。
同じ光景からでも、人とは違う世界を切り取ることが大切だと気づいたのです。

祖母はずっと同じ場所に住んでいながら毎日書くことができ、そして今もなお俳句を詠み続けています。
これまでの私は、人とは違う特別な経験をしたり、非日常的な事柄がなければそのうち話題に行き詰まると思っていました。
しかし、普段の生活の中で、いつもと違う角度から物事を見たり、小さな変化に気付く目を持てば、おそらく書くことは尽きないのでしょう。

一時は15名の家族の世話や、親戚の子どもたちの面倒も見ていた祖母。
それでも「なんでも大変だと思わないで、楽しくやる」と、今も口癖のように言います。
その前向きな祖母の言葉を、いつも私は心に留めているのです。

悩みや心配ごとがあっても、嘘のないまっすぐな感情を作品に詠み込むと、心が確かに充実してきます。
この心を整える作業は、入賞してもしなくても、作品作りの優れた点だと私は思うのです。

バックナンバー

2019年10月4日 公募をする理由
2019年9月13日 連想ゲーム
2019年8月26日 抽選か審査か
2019年8月2日 俳句に挑戦
2019年7月12日 憧れを形に
2019年6月21日 公募仲間
2019年6月3日 ゴーストレート
2019年5月10日 わかってもらうには
2019年4月12日 時代を詠み込む
2019年3月22日 投稿し続ける意味
2019年3月1日 祖母の教え
2019年2月8日 ルーツをたどる
2019年1月18日 ペンネームどうしますか?
2018年12月27日 公募ママへの思い
2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに