ゴーストレート

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2019.06.03

公募歴2年半にして入選回数100以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

ネッツトヨタ栃木が主催の「第二回川柳コンテスト」で、第5位をいただきました。
賞品としてやきとり竜鳳さんの国産やきとりセットをいただき、家族みんなでおいしくいただきました!

お題はドライブや車に関する『ハッピー&おもしろエピソード』です。

入選した句がこちら。

「大声で歌っていたら窓全開」

 

車の中で気持ちよく歌っていたら、窓が全開で外に駄々洩れだったというエピソードを、ストレートに詠みました。

流行曲ならまだよいのですが、私は古めのロックやオペラが好きなので、聞かれたら恥ずかしいー!!
という内容も盛り込みたかったのですが、字数の関係上詰め込むことはできませんでした。

このように川柳には、字数の制限があります。
今回は字余りでしたが、基本的には5・7・5におさめることが決まりとしてあるので、言葉を厳選しなければなりません。

しかし私たちの日常会話には、本題以外の内容がいかに多いことか。
挨拶の次に、お天気の話が続き、最近の様子をうかがってから本題にやっと入る。
本題にスムーズに入るために必要だからそうしているのですが、字数制限がある川柳などでは不要な言葉をそぎ落とす作業が必要です。

誰かの作品を見て「どうしてこんな単純な句が入賞したの?」と思うことはありませんか。実は入賞する作品というのはシンプルに見えて、きちんと言葉を「研ぎ澄ませている」のです。
今回の私の入選句も、単純明快に詠めたことが選んでいただけた一つの理由だと思うのです。

ではどのように必要な言葉だけを残すことができるのでしょうか。
近頃、私の好きな芸人さんが、テレビでヒントをくれたことがあります。
「英語が苦手な人が、外国の方に道を聞かれたとしたらどのように答えますか。
きっと「ゴーストレート アンド ターンライト」とか、最小限の言葉で伝えますよね。
でもちゃんと伝わっている。それが言葉の削り方です」
とおっしゃっており、はっとしました。
下手に文法を気にしたりするとかえって伝わらない場合もある。
そういうわけで、気取らずそのままを伝えることが、私のスタイルの一つとなっているのです。

バックナンバー

2019年6月21日 公募仲間
2019年6月3日 ゴーストレート
2019年5月10日 わかってもらうには
2019年4月12日 時代を詠み込む
2019年3月22日 投稿し続ける意味
2019年3月1日 祖母の教え
2019年2月8日 ルーツをたどる
2019年1月18日 ペンネームどうしますか?
2018年12月27日 公募ママへの思い
2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに