俳句に挑戦

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2019.08.02

公募歴2年半にして入選回数100以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

伊藤園の新俳句大賞の発表がされましたね!
二次審査通過のお知らせが来ていたので、ちゃっかり入選した気になっていたら落選してしまいました。
さすが、公募の中でも最大級と言えるほどのコンテストだけあり、甘くはないようです。
一度入賞した経験はありますが、一生涯かけて毎年投稿したいコンテストのひとつなので、結果を焦らず長い目で見ようと思っています。

ただ、いいお知らせもありました。
かに道楽主催の「かにの日俳句」で百選に選んでいただきました。

道頓堀の写真のイメージから、一句詠むというのがお題です。
選者はなんと夏井いつき先生!
いつもテレビで見ています!
夏井先生はいつも、芸能人が詠む句を一刀両断なさいますし、著書でも「辛口先生」と自称するくらいなので、そのような方に選んでいただけて嬉しい。

入選句がこちら

「蟹味噌に手を出す前にプロポーズ」

夏井先生に、どのように伝わったかは分かりません。
ただ私の制作意図としては、プロポーズのために、少しいいお店を選んだ日のこと。
なかなか本題に入れずに食べすすめ、蟹味噌に手を付ける前にやっと切り出すことができた瞬間を詠みました。
そのあとの返事によっては、美味しく蟹味噌を食べられたのか、はたまた微妙な空気の中食べたのか、手を付けずじまいになってしまったのか、結末はいろんな想像ができて楽しいかなあと思いながら作りました。

ただ、今更ながら私が俳句に対して抱えている個人的な問題点。

(1)「季語」を知らない
(2)「や」や「かな」の使いどころがわからない
(3)川柳とは作風が異なるらしいという漠然としたイメージ

と、とにかく無知なのです。
恐らく、俳句は勉強が必要な分野でしょう。

そういうわけで、ど素人の私が入選したことは自分でも驚きました。
今回は「俳句だ」と難しく考えずに、やってみよう!と楽しく作ったことが伝わって、目にとめていただけたのではないかと思っています。
これを機に、俳句をちょっと勉強したくなってきました。
手を付けたら奥が深そうですが、まずは歳時記を買ってみようかな。

バックナンバー

2019年11月18日 「進行形」の力
2019年10月25日 公募の入口
2019年10月4日 公募をする理由
2019年9月13日 連想ゲーム
2019年8月26日 抽選か審査か
2019年8月2日 俳句に挑戦
2019年7月12日 憧れを形に
2019年6月21日 公募仲間
2019年6月3日 ゴーストレート
2019年5月10日 わかってもらうには
2019年4月12日 時代を詠み込む
2019年3月22日 投稿し続ける意味
2019年3月1日 祖母の教え
2019年2月8日 ルーツをたどる
2019年1月18日 ペンネームどうしますか?
2018年12月27日 公募ママへの思い
2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに