抽選か審査か

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2019.08.26

公募歴2年半にして入選回数100以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

学研プラスさん主催の#ゆるい勉強法 ハッシュタグキャンペーン!で当選しました。
賞品として『ぜんぶ5分 最高にゆるい勉強法』という本をいただきました。

これがまた面白い。
中学生向けの内容ですが、固くなっている大人の頭をほぐしてくれるのでおすすめです。どうしてもやらなければならないことを「楽しくする」コツは、心持ち次第なのだなあと気付かされます。
一見こども向けですが、忘れがちな「肩の力をぬく」という大切さを再確認でき、読後はガッチガチだった肩が少し軽くなったような気さえします。

今回のお題は「自分のやったことのあるオススメの勉強法」を、ツィッター投稿するというものでした。
しかし、今回のキャンペーンの結果通知書には「厳正なる抽選の結果、貴方様が当選されました」という文字。
つまり今回は公募ではなく、懸賞だったということです。

懸賞と公募の違いとは?
という議論は公募ガイドの誌面でも取り上げられたことがありますし、公募仲間の間でも話題になることが多いです。

抽選の意味を辞書で調べてみると「能力や立場に関わらず、平等な確率で物事を決める方法」とあります。
つまり、「私でなければいけない理由」というのが、そこには存在しません。
それでも、懸賞も公募も、ひとくくりにされることはしばしばあります。

実際に私もよく「公募で当たった」という言い方をしますし、公募に携わっていない人にとってはわかりやすい表現であると思っています。

賞品は何をいただいても本当にうれしいです。
ただ、私は抽選で当選したものは、「入選歴」にカウントはしていません。
私にとっては何につけても「どなたでも可」と「君じゃなければ」と言われる差は大きい。
抽選で当たった幸運に感謝し、今度は厳正な審査で決まる公募で入選してやる!と、また新たな気持ちで臨むのです。

バックナンバー

2019年9月13日 連想ゲーム
2019年8月26日 抽選か審査か
2019年8月2日 俳句に挑戦
2019年7月12日 憧れを形に
2019年6月21日 公募仲間
2019年6月3日 ゴーストレート
2019年5月10日 わかってもらうには
2019年4月12日 時代を詠み込む
2019年3月22日 投稿し続ける意味
2019年3月1日 祖母の教え
2019年2月8日 ルーツをたどる
2019年1月18日 ペンネームどうしますか?
2018年12月27日 公募ママへの思い
2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに