見て書く

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2019.12.06

公募歴2年半にして入選回数100以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

第68回瀬戸市文芸発表会の川柳部門で入選しました。
瀬戸市の文芸発表会での入選は二回目で、大変嬉しく思います。
前回は、もう一方の川柳選者である、なかはられいこ先生に選んでいただきましたが、今回は全日本川柳協会の理事である、松代天鬼先生に選んでいただきました。

11月に行われた文芸発表会には残念ながら参加することができませんでしたが、作品集を楽しませていただいております。

この公募は「自選部門」と「選者選部門」があり、自選部門には一人一句だけ投稿が可能で、作品集に載せていただくことができるようです。
俳句、短歌、川柳、詩の4つの部門のうち、今回私は選者選部門に川柳を投稿しました。

今回入選した作品はこちら

「カーテンの揺れにも笑う恋をする」

テーマは自由でしたので、恥ずかしながら少しロマンチックな作風にしました。
たいていの文芸作品では「好き」だとか「恋」だとか、ダイレクトに書かずにほかの表現をするほうが良いと聞きましたが、あえてストレートに「恋をする」という言葉で挑戦してみました。

何をしても、何を話していてもなんだか笑えてくるという、恋が始まったばかりの無邪気さ。
本来カーテンが揺れたところで、笑うことなどないでしょう。
しかし、そんなちょっとしたことで笑う二人の関係性と、互いの間にしか流れていない空気感を表したかったのです。

風には形がなく、同じ場所にいなければ感じられないものですが、その瞬間を分かち合うことで、刹那的な部分も描けたのではないかと思います。

この公募のようにテーマが自由である時、私は目に留まったものから書き出すことがよくあります。
今回は、自宅のカーテンを眺めながらこの作品を思いつきました。
私の場合は、背伸びをしたり、美しいものを書こうとすると、どうしても作り物っぽくなってしまいます。
ですので、なるべく身近にある、なんということのないものから、発想を広げるようにしています。
絵も見て描いたほうがその物の特徴を捉えやすいように、文章も見て書いたものにはリアルな動きが出てくるのではないでしょうか。

バックナンバー

2020年9月25日 噛んで飲み込む時間
2020年9月4日 公募で考える未来
2020年8月14日 しっくりくる方法
2020年7月23日 苦手意識
2020年7月6日 今できること
2020年6月12日 公募の輪
2020年5月22日 インタビュー後記
2020年5月1日 あるもの
2020年4月10日 掛け合わせ
2020年3月23日 トレーニング
2020年2月28日 わたしのこと
2020年2月8日 自分らしさ
2020年1月17日 インプットする
2019年12月28日 時には真面目に
2019年12月6日 見て書く
2019年11月18日 「進行形」の力
2019年10月25日 公募の入口
2019年10月4日 公募をする理由
2019年9月13日 連想ゲーム
2019年8月26日 抽選か審査か
2019年8月2日 俳句に挑戦
2019年7月12日 憧れを形に
2019年6月21日 公募仲間
2019年6月3日 ゴーストレート
2019年5月10日 わかってもらうには
2019年4月12日 時代を詠み込む
2019年3月22日 投稿し続ける意味
2019年3月1日 祖母の教え
2019年2月8日 ルーツをたどる
2019年1月18日 ペンネームどうしますか?
2018年12月27日 公募ママへの思い
2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに