トレーニング

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2020.03.23

公募歴2年半にして入選回数100以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

先日、女性のお酒あるある川柳で入選しました。
これは東京都とビール酒造組合が主催の公募で、なんと表彰式は都庁!
結果は佳作だったため表彰式の参加はありませんでしたが、パンフレットに載せていただき大変嬉しく思います。

テーマは「女性のお酒に関する体験談」。
今回は居住地や年齢などの応募資格が設けられていました。
このような条件付きの公募に自分が該当する場合は、チャンスと思いなるべく挑戦します。入選した作品がこちら。

「授乳中 禁酒期間も ハッピネス」

妊娠から卒乳まで、アルコールは赤ちゃんに悪影響だと言われています。
お酒好きの私にも禁酒期間がありましたが、まったく嫌ではなかったことを思い出しながら詠みました。

今回気を付けたことは、お酒好きにはマイナスイメージにもなりかねない「禁酒」を、できるだけ明るいイメージにするということです。
この作品の「授乳中はお酒を飲まない」という内容であれば例として

「大好きな お酒を断った 授乳中」

ということもできるでしょう。
しかし、これでは好きなものを我慢したことに焦点が当てられてしまう。
それよりも、我が子の為ならそれも幸せ!
と前向きに詠んだほうが「禁酒」がプラスイメージになりますよね。

このように作品づくりをしていると、日常生活の脳もプラスに働いてくるように感じます。
公募を始める前までは、「落ち込みそうな時でも自分を奮い立たせられる人」は性格によるものだと思っていたのです。
しかし、それは習得し磨くことのできるテクニックの一つだと近頃は考えが変わりました。

私は家族にも、「公募を続けたほうがいい!」とたまに言われます。
それは私自身に、明らかにプラスになっているからです。
作品のために前向きな言葉を考える作業は、無意識のうちに私の心にも良い効果が表れているのでしょう。
公募は明るい気持ちを鍛える良いトレーニングになると、個人的には思っています。

バックナンバー

2020年3月23日 トレーニング
2020年2月28日 わたしのこと
2020年2月8日 自分らしさ
2020年1月17日 インプットする
2019年12月28日 時には真面目に
2019年12月6日 見て書く
2019年11月18日 「進行形」の力
2019年10月25日 公募の入口
2019年10月4日 公募をする理由
2019年9月13日 連想ゲーム
2019年8月26日 抽選か審査か
2019年8月2日 俳句に挑戦
2019年7月12日 憧れを形に
2019年6月21日 公募仲間
2019年6月3日 ゴーストレート
2019年5月10日 わかってもらうには
2019年4月12日 時代を詠み込む
2019年3月22日 投稿し続ける意味
2019年3月1日 祖母の教え
2019年2月8日 ルーツをたどる
2019年1月18日 ペンネームどうしますか?
2018年12月27日 公募ママへの思い
2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに