あるもの

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2020.05.01

公募歴2年半にして入選回数100以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

以前、家庭画報に掲載していただいたことを書かせていただきましたが、ありがたいことにまた載せていただきました。

このコーナーのお題は毎回「家族」で、川柳作家の杉山昌善先生が選者です。
掲載していただいた句がこちら

リモコンを取ってと妻は遠くから

自分の方が近いのにあえて「リモコンとって」と夫に頼んでみたら、夫婦で笑えたことを句にしてみました。
そのままを詠んだつもりですが、杉山先生がご講評の中で私が考えていた以上の解説をしてくださったのです。
その中に「人生を妻にリモートコントロールされている夫」という言葉があり驚きました。
「そんな取り方もあるのか!」と、自分では考えもしなかった句の詠み方に、ハッとさせられたのです。

詠み手の方がプロである場合、句の持つ魅力を最大に生かしてくださるのだと思いました。
それと同時に、この先自分が川柳を楽しみたいと思っているうえで「作品を理解する力」は必須なのだと感じさせられました。

そして、先生に今後も選んでいただくにはどうすればよいのか分析したかったので、前回と今回の句に共通点はないか考えてみました。
前回は

似顔絵はちょっと良く描く子の配慮

という句を選んでいただきました。
共通点としては、どちらもほんの小さな出来事を詠んだ句です。
大きな事件などなくても、どこにでもありそうな家族のやり取り、気遣い、ふざけ合いなどの「日常」がポイントなのではないかと思うのです。

今日一日を振り返り家族とのやり取りを思い出してみると、他愛のない会話の中にも小さな感情の揺れや、自分の考えを少し直すこともありました。
それを言葉にすることが川柳なのだと思います。
ネタがないと思うこともありますが「今日あったこと」で十分なのかもしれません。
わざわざ買ってこなくても、冷蔵庫に入っているもので作った料理が案外おいしくできることがあります。
あてもなく「なにか大きなこと」を求めることも時には必要だと思いますが、今の自分に「あるもの」を見つめ直すことも大切にしたいと思います。

バックナンバー

2020年6月12日 公募の輪
2020年5月22日 インタビュー後記
2020年5月1日 あるもの
2020年4月10日 掛け合わせ
2020年3月23日 トレーニング
2020年2月28日 わたしのこと
2020年2月8日 自分らしさ
2020年1月17日 インプットする
2019年12月28日 時には真面目に
2019年12月6日 見て書く
2019年11月18日 「進行形」の力
2019年10月25日 公募の入口
2019年10月4日 公募をする理由
2019年9月13日 連想ゲーム
2019年8月26日 抽選か審査か
2019年8月2日 俳句に挑戦
2019年7月12日 憧れを形に
2019年6月21日 公募仲間
2019年6月3日 ゴーストレート
2019年5月10日 わかってもらうには
2019年4月12日 時代を詠み込む
2019年3月22日 投稿し続ける意味
2019年3月1日 祖母の教え
2019年2月8日 ルーツをたどる
2019年1月18日 ペンネームどうしますか?
2018年12月27日 公募ママへの思い
2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに