インタビュー後記

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2020.05.22

公募歴2年半にして入選回数100以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

6月号の公募ガイドが発売されましたね!
今回は川柳特集で、インタビューは川柳作家のやすみりえ先生です。
そのインタビューの聞き手を、なんと私が担当させていただきました!

お話をいただいた時は飛び上がり、すぐに「やります!」と返事をしました。
やすみりえ先生と言えば、テレビ出演や多くの公募川柳の選者としてご活躍されている有名な方です。
著書やブログを拝見していましたが、まさか自分がお話できるとは思いもしませんでした。

そういうわけで気合いは十分。
しかし、どのような質問をすればいいのか。
自分が知りたいことの他に、川柳公募ファンの方々が知りたいことはなんだろうと色々と考えました。

ただ、有名な作家さんということもあり、調べていくほどに同じようなことを何度もインタビューされていることも知りました。
そういうわけで質問を考える時点で非常に悩みましたし、聞きたいことが沢山あって絞ることにも苦労しました。

やっと考えた質問を引っ提げて臨んだ当日。
緊張していた私に対してやすみ先生は、終始穏やかな口調で落ち着かせてくださいました。
インタビューが不慣れな私に対して、まるでレクチャーするようにひとつひとつ丁寧に受け答えしてくださったのが印象的です。
夢のような時間はあっという間でしたが、お話できたことでさらにファンになりました。

恋の句を詠むことで知られているやすみ先生ですが、実は私も何度か選んでいただいたことがあります。
選んでいただく者にとって、選者の方がどのような考え方をしているのかは非常に気になるところです。

自分が投稿したい公募川柳の選者が川柳作家の方であった場合、その方のブログや著書を読んでみるのもいいかもしれません。
選者の方の作品に触れたり世界観を知ることで、選ばれる作品の方向性が見えてくるのではないでしょうか。

バックナンバー

2020年5月22日 インタビュー後記
2020年5月1日 あるもの
2020年4月10日 掛け合わせ
2020年3月23日 トレーニング
2020年2月28日 わたしのこと
2020年2月8日 自分らしさ
2020年1月17日 インプットする
2019年12月28日 時には真面目に
2019年12月6日 見て書く
2019年11月18日 「進行形」の力
2019年10月25日 公募の入口
2019年10月4日 公募をする理由
2019年9月13日 連想ゲーム
2019年8月26日 抽選か審査か
2019年8月2日 俳句に挑戦
2019年7月12日 憧れを形に
2019年6月21日 公募仲間
2019年6月3日 ゴーストレート
2019年5月10日 わかってもらうには
2019年4月12日 時代を詠み込む
2019年3月22日 投稿し続ける意味
2019年3月1日 祖母の教え
2019年2月8日 ルーツをたどる
2019年1月18日 ペンネームどうしますか?
2018年12月27日 公募ママへの思い
2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに