おウチde俳句大賞 その2

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2020.10.23

公募歴5年、入選回数は200以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?
【前回までのお話】
第二回おウチde俳句大賞の表彰式に招待されました。俳句ど素人の自分が参加してよい式なのか!?という不安もありましたが、半ば開き直って参加することにしました。そこで私は予想をはるかに超える、めくるめく俳句の世界を垣間見ることになるのです――。

一番驚いたことは、なぜか参加者が知り合い同士ということ。
初対面のはずなのに和気あいあいとしているのはなぜ!?
そんな疑問でいっぱいの私に、同じテーブルのベテランさんたちが親切に教えてくださいました。

なぜみんな知り合いなのか聞いたところ、SNS上で交流をしているそうです。
組長(夏井先生の呼称)のブログや、SNS、大会での投稿作品を見て名前だけ知っている人もいれば、会ったことがある人もいるとのこと。
よく見ると俳句専用の名刺を持っている方がけっこういらっしゃるようで、名刺交換があちこちで行われていました。
昔から親しまれている俳句の世界も、今やSNSでつながるデジタルの時代だと痛感しました。

また、私が聞く限りほとんどの方が結社に入っていらっしゃるようでしたが、独学の方もいらっしゃいました。
皆さんがどのようなきっかけで俳句をはじめたか気になり聞いてみると、友人、家族にすすめられて始めた方や、夏井先生のテレビを見て始めたという方も!
始めて1、2年の方から長年の方もいて俳句歴は様々。

前回もこの会に呼ばれた方が数人いらっしゃり、俳句会の常連投稿者も多く参加していたそうです。
参加者は全員が入賞者ではなく、特別に表彰式にご招待されている方もいらっしゃいました。

初めは緊張していましたが、俳句に詳しくない私が疎外感を感じることなく、皆さん丁寧にお話してくださり、ぐんぐん吸収することがありました。

そしていざ表彰式。
昨年は表彰式がDVD化されましたが、今回はリモートでの参加者もいるためかユーチューブの生配信で進行されました。

主催者側のご挨拶があり、まずは各部門の優秀賞の発表。
リビング部門から始まったのですが、さっそく序盤で名前を呼んでいただきました!
その日初めてステージに上がる人となってしまった私!
何を話せばいいのか大混乱。
そもそも、表彰式の招待メールは、投稿した五句の中からどれかがノミネートされているという内容だったので、当日のサプライズ要素が大きいものでした。
本音を言えば「これが入賞したの!?」という感じです。
そして夏井先生の隣でマイクを渡されたのですが、あまりの感動で記憶がありません。
的外れなことを言っていたことだけは確かです!
ステージでは詠んだ時の気持ちをなんとかお伝えしたつもりですが、夏井先生がどのように詠んでくださったのか、肝心なことをお伺いできないまま……。
なにせいろいろ初めてだったもので、要領がわからなかったのです。

それにしても、進行していくにつれて、夏井先生が多くの参加者の名前を憶えていらっしゃるということに驚きました!
貴方はあの時のあの会で会ったとか、あの時こう話したとか、一つひとつを記憶なさっているのです。
また、2、3時間話し続けられる夏井先生のパワーにも圧倒されました。

その後、優秀賞の発表が終わり最優秀賞の発表に進んだ時に、私は初めて「気持ちの変化」を体験したのです。

つづく

バックナンバー

2021年10月19日 歌え!
2021年9月24日 つまらない話
2021年9月2日 富士山を詠む
2021年6月18日 拾った言葉ノート
2021年5月14日 再スタート
2021年3月22日 明るさを調節する
2021年3月1日 シンプルを楽しむ
2021年2月8日 強かに詠む
2021年1月15日 変化する作品
2020年12月25日 行動から生まれるもの
2020年12月12日 第三十一回伊藤園お~いお茶新俳句大賞
2020年11月20日 『シルバー川柳10』
2020年11月2日 おウチde俳句大賞 その3
2020年10月23日 おウチde俳句大賞 その2
2020年10月16日 おウチde俳句大賞 その1
2020年9月25日 噛んで飲み込む時間
2020年9月4日 公募で考える未来
2020年8月14日 しっくりくる方法
2020年7月23日 苦手意識
2020年7月6日 今できること
2020年6月12日 公募の輪
2020年5月22日 インタビュー後記
2020年5月1日 あるもの
2020年4月10日 掛け合わせ
2020年3月23日 トレーニング
2020年2月28日 わたしのこと
2020年2月8日 自分らしさ
2020年1月17日 インプットする
2019年12月28日 時には真面目に
2019年12月6日 見て書く
2019年11月18日 「進行形」の力
2019年10月25日 公募の入口
2019年10月4日 公募をする理由
2019年9月13日 連想ゲーム
2019年8月26日 抽選か審査か
2019年8月2日 俳句に挑戦
2019年7月12日 憧れを形に
2019年6月21日 公募仲間
2019年6月3日 ゴーストレート
2019年5月10日 わかってもらうには
2019年4月12日 時代を詠み込む
2019年3月22日 投稿し続ける意味
2019年3月1日 祖母の教え
2019年2月8日 ルーツをたどる
2019年1月18日 ペンネームどうしますか?
2018年12月27日 公募ママへの思い
2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに