おウチde俳句大賞 その3

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2020.11.02

公募歴5年、入選回数は200以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?
【前回までのお話】
第二回おウチde俳句大賞の表彰式。各部門の優秀賞発表で、いきなり名前を呼んでいただきました! あまりの感動で記憶がありません。やがて、すべての部門で優秀賞の発表が終わり、最優秀賞の発表に進み――。

最優秀賞は、あらかじめ各部門から1句ずつ夏井先生が選句されており、名を伏せられた状態で会場の正面に掲示されました。
相談はなし、自分の作品だと自白はしないというルールのもと、多数決で最優秀賞6句の中からさらに大賞を1句決めるのです。

それぞれの解釈や、良いと思った理由を参加者が次々と発表していきます。
これが感動ものなのです!
会場中が、笑いあり涙ありで、私もたくさん心が動かされました。

人の解釈を聞いていくうちに、思いもよらなかった句が好きになり、自分と重ねられる部分を見つけられるのです。
誰かを思いやる気持ち、遊び心、自分を奮い立たせる姿などを詠み込んだもの。

同じテーブルの方が、
「人の意見を聞く前と後では気持ちが変わるでしょう」
とおっしゃっていて、深く頷きました。

よく、どなたかの作品を詠んで「これはどういう意味なのだろう」と思うことはありませんか。
それが、ご本人だけではなく第三者の解釈を聞くことによって、謎が解けるどころか味わいが深まるのです。

そしてついに、リモート参加者と会場にいる参加者すべての発表が終わり、大賞が決まりました。
大賞に選ばれたのは奥様との散歩を詠まれた句でした。
ご本人のコメントの際、夏井先生から奥様へのメッセージを聞かれ、涙して言葉に詰まってしまった場面がありました。
その瞬間、どれだけの人が心を動かされたことか。
50人近い参加者が一体になって彼を応援している空気を感じたのです。
句はもちろんのこと、奥様への言葉も愛情に溢れていて何度も思い出したくなる素敵なシーンでした。

その後、即興投句会も行われ、10句が選ばれるという熱い企画がありましたが、現時点では、大賞の発表までがYouTubeで配信されています。

今回参加して感じたことは、この世界は感情をむき出しにしても許されるということ。
日常生活では触れることの少ない心の根っこの部分を表現し合える、とても人間らしい場だと思ったのです。
こんなに感情豊かな時間を誰かと共有することができるものなのか!と驚きの連続。
初めて句会の形式を体験しましたが、初めてにしてはあまりにも豪華な会となりました。

同じテーブルの方々の話も全てが興味深く、終わりが来てほしくないほど楽しい時間を過ごしました。
ただ、一方で、俳句を深く勉強なさっている方々にお会いし、ふと思いました。
川柳や短歌などいろいろと挑戦しているけれど、何かに絞ってちゃんと勉強するべきなのかなと。
参加者のお一人に、
「川柳や短歌も好きでやっていますが、俳句も含め全てが中途半端なんです」
と白状したところ、笑顔で私におっしゃいました。
「いろんなことをやったらいいと思いますよ。自分はこれしかできないと決めつけなくてもいいんじゃないですかね」
これ!というものが特にない私ですが、今はただ「公募が好き」でもいいのかな。
と思えた一言でした。
そんな人生の先輩からの言葉を胸に刻み帰ってきました。

今回参加したのは俳句の会でしたが、公募全般のやる気が上がったように感じます。
川柳も、短歌も俳句ももっともっと知りたい、作りたいと思ったのです。
どの分野でも、触れてみて初めて自分に足りない部分が見えてきます。
だからまずはやってみるしかない。
自分なりに頑張っていくうちに、必ず自分以上に頑張っている人に出会えます。
そうすると、その人たちから確実に大きなパワーをもらえるのです。
公募には人生を変える出会いがある。
そう実感できた良い体験となりました。

バックナンバー

2021年1月15日 変化する作品
2020年12月25日 行動から生まれるもの
2020年12月12日 第三十一回伊藤園お~いお茶新俳句大賞
2020年11月20日 『シルバー川柳10』
2020年11月2日 おウチde俳句大賞 その3
2020年10月23日 おウチde俳句大賞 その2
2020年10月16日 おウチde俳句大賞 その1
2020年9月25日 噛んで飲み込む時間
2020年9月4日 公募で考える未来
2020年8月14日 しっくりくる方法
2020年7月23日 苦手意識
2020年7月6日 今できること
2020年6月12日 公募の輪
2020年5月22日 インタビュー後記
2020年5月1日 あるもの
2020年4月10日 掛け合わせ
2020年3月23日 トレーニング
2020年2月28日 わたしのこと
2020年2月8日 自分らしさ
2020年1月17日 インプットする
2019年12月28日 時には真面目に
2019年12月6日 見て書く
2019年11月18日 「進行形」の力
2019年10月25日 公募の入口
2019年10月4日 公募をする理由
2019年9月13日 連想ゲーム
2019年8月26日 抽選か審査か
2019年8月2日 俳句に挑戦
2019年7月12日 憧れを形に
2019年6月21日 公募仲間
2019年6月3日 ゴーストレート
2019年5月10日 わかってもらうには
2019年4月12日 時代を詠み込む
2019年3月22日 投稿し続ける意味
2019年3月1日 祖母の教え
2019年2月8日 ルーツをたどる
2019年1月18日 ペンネームどうしますか?
2018年12月27日 公募ママへの思い
2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに