第三十一回伊藤園お~いお茶新俳句大賞

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2020.12.12

公募歴5年、入選回数は200以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

伊藤園お~いお茶新俳句大賞の結果が発表されましたね!
今回の応募数は195万4888句。
入選するとパッケージに掲載されることもあり、数あるコンテストの中でも常に飛びぬけて応募数が多いのが特徴です。
季語や定型にとらわれず自由に表現するというテーマで、難しいルールに縛られないことも人気の高い理由のひとつでしょう。
普段は表彰式がありますが、今年は初のYouTube LIVEで最終審査の結果が発表されました。
二次通過が届いた方は特に、胸を高鳴らせて画面と向き合ったのではないでしょうか。

実は、私のもとにも5月に二次通過の知らせが届いていました。
個人的な結果としては2016年に特別佳作賞、2019年に二次通過の知らせが来ましたが入選には至りませんでした。
その経験もあり、二次通過の知らせが来たからと言って必ずしも入選するとは限らないと知り、浮かれ過ぎないようにしていました。
しかし、やはり期待も半分あり結果発表をじっと見ていましたが、残念ながら最後まで名前は呼ばれませんでした。

その時点で完全に諦めたのですが、後日なんと佳作の賞状が届いたのです!
しかも二枚!
一枚はなんと、夫のものでした。
今年初めて夫を誘ってみたのですが、嬉しいことに同じく佳作をいただいたのです。

夫の作品は、私の世界観にはない表現だったので勉強になりました。
同じものを見ても、私と違うことを感じるのだという再確認ができたのです。
夫が詠んだ光景を私が見ても、きっと違う角度から切り取っていたでしょう。
家族と長く共に暮らしていると、同じような思考になっていく錯覚に陥るものですが、実際にはいつまでもそれぞれの視点があり感じ方は違う。
ある出来事について、全く同じような感想を持てることのほうが奇跡だと思うのです。
そんなことを考えながら、今回夫の入賞に多くの刺激を受けました。

また、近頃、学校の俳句教室に参加した娘も「次の伊藤園には応募する!」とやる気を見せています。
就学前のお子さんから90歳を超えるご年配の方まで幅広く楽しまれているこの公募は、家族で挑戦するにはぴったりです。
いつも変わらずいる人の新しい一面を発見できるいい機会にもなるので、たまには周りを巻き込んで一緒に公募を楽しむのもいいかもしれません。

バックナンバー

2021年10月19日 歌え!
2021年9月24日 つまらない話
2021年9月2日 富士山を詠む
2021年6月18日 拾った言葉ノート
2021年5月14日 再スタート
2021年3月22日 明るさを調節する
2021年3月1日 シンプルを楽しむ
2021年2月8日 強かに詠む
2021年1月15日 変化する作品
2020年12月25日 行動から生まれるもの
2020年12月12日 第三十一回伊藤園お~いお茶新俳句大賞
2020年11月20日 『シルバー川柳10』
2020年11月2日 おウチde俳句大賞 その3
2020年10月23日 おウチde俳句大賞 その2
2020年10月16日 おウチde俳句大賞 その1
2020年9月25日 噛んで飲み込む時間
2020年9月4日 公募で考える未来
2020年8月14日 しっくりくる方法
2020年7月23日 苦手意識
2020年7月6日 今できること
2020年6月12日 公募の輪
2020年5月22日 インタビュー後記
2020年5月1日 あるもの
2020年4月10日 掛け合わせ
2020年3月23日 トレーニング
2020年2月28日 わたしのこと
2020年2月8日 自分らしさ
2020年1月17日 インプットする
2019年12月28日 時には真面目に
2019年12月6日 見て書く
2019年11月18日 「進行形」の力
2019年10月25日 公募の入口
2019年10月4日 公募をする理由
2019年9月13日 連想ゲーム
2019年8月26日 抽選か審査か
2019年8月2日 俳句に挑戦
2019年7月12日 憧れを形に
2019年6月21日 公募仲間
2019年6月3日 ゴーストレート
2019年5月10日 わかってもらうには
2019年4月12日 時代を詠み込む
2019年3月22日 投稿し続ける意味
2019年3月1日 祖母の教え
2019年2月8日 ルーツをたどる
2019年1月18日 ペンネームどうしますか?
2018年12月27日 公募ママへの思い
2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに