再スタート

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2021.05.14

公募歴5年、入選回数は200以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

皆さんは、「大事なことをやめたくなった」経験はありますか。

私は公募を始めてから6年ほどたちますが、これまで休みなく投稿してきました。
もちろん、数日さぼったことはありますが、頭の片隅にはいつも公募がありました。
しかし、ここ2か月ほど投稿数ゼロ!
これまでの私からは考えられないことです。

思い返すと、公募の世界を知ってすぐに魅了され夢中になりました。
誌面の賞金レース企画への参加や、この連載のお話もいただき、さらにやる気に燃えていきました。

それなのに自分でも驚くほどに、公募スイッチが突然OFFになってしまったのです。

毎日の生活の中で、自分だけの時間を捻出するのは難しいことですよね。
私は体力もなく要領も良い方ではないので、仕事や家事がひと段落する頃にはすでに日付が変わりそうな時間になっています。
そこから机に向かって1、2時間創作する日々を過ごしていたのですが、ある日いきなりプツンと糸が切れたように、公募への意欲がわかなくなってしまいました。

この6年間、出産や引っ越しなどで環境や状況が変わっても、唯一続けてきた趣味と言っていい公募。
一生懸命になることに、何の疑問も持たずに自分の時間を費やしてきました。
しかし、近頃は生活面に労力を使い果たしてしまう日々。
睡眠時間を削って、疲れた体に鞭打ってまでやることなのかと思うことが増えていきました。

連載をしているからには入選しなくては、というプレッシャーも常にあります。
さらには、そもそもプレッシャーに感じるほどこの連載を見てくれている人はいるのか?という疑問まで生まれ始めました。
割と前向きな方だと思っていた自分が、なぜここまで考え込んでしまったのか。
倦怠期のようなただの「中だるみ」かもしれませんが、これが本当に厄介なものだったのです。

どうにかしたくても、自分一人ではなかなかエンジンをかけ直すことができずに時間ばかりが過ぎていく。
そんなある夜、布団の中で「ママ公募やめようかな」と口に出すと、長女が驚いて言いました。

「ママ、公募好きなんじゃないの?」

そのたった一言で、私が公募を続けていた動機を、明確かつシンプルに教えてもらった気がしました。
好きだから時間も作ろうと思えたし、面白いと思っているからここまで続けてきた。

私、公募が好きだったんだ。
と気づくのに2か月かかったお恥ずかしい話です。

だから、わがままに好きなことはやっぱりやめないでいようと決めました。
ただ、無理せず元気でいることも、やらなければならないことの一つとして忘れずにいようと思います。

一時はこの連載も悩みに悩んで、やめさせていただこうと、公募ガイドの方々にはたくさんご相談に乗っていただきました。
そんな話し合いを重ねていくうちに、共にここまで進めてきた「気ままに公募ママ」は、私にとってかけがえのない存在となっていたことに気づくことができたのです。

これからは生活時間を工夫しながら、心地よいと思えるペースで公募を楽しみたい。
勝手に仕切り直して「気ままに公募ママ・第二シーズン」の始まりです。

多くの方々を巻き込んだリセット期間になってしまいましたが、読んでくださる方、関わってくださる方々に感謝して、皆さんと共にまた公募を楽しんでいけたら嬉しく思います。

バックナンバー

2021年5月14日 再スタート
2021年3月22日 明るさを調節する
2021年3月1日 シンプルを楽しむ
2021年2月8日 強かに詠む
2021年1月15日 変化する作品
2020年12月25日 行動から生まれるもの
2020年12月12日 第三十一回伊藤園お~いお茶新俳句大賞
2020年11月20日 『シルバー川柳10』
2020年11月2日 おウチde俳句大賞 その3
2020年10月23日 おウチde俳句大賞 その2
2020年10月16日 おウチde俳句大賞 その1
2020年9月25日 噛んで飲み込む時間
2020年9月4日 公募で考える未来
2020年8月14日 しっくりくる方法
2020年7月23日 苦手意識
2020年7月6日 今できること
2020年6月12日 公募の輪
2020年5月22日 インタビュー後記
2020年5月1日 あるもの
2020年4月10日 掛け合わせ
2020年3月23日 トレーニング
2020年2月28日 わたしのこと
2020年2月8日 自分らしさ
2020年1月17日 インプットする
2019年12月28日 時には真面目に
2019年12月6日 見て書く
2019年11月18日 「進行形」の力
2019年10月25日 公募の入口
2019年10月4日 公募をする理由
2019年9月13日 連想ゲーム
2019年8月26日 抽選か審査か
2019年8月2日 俳句に挑戦
2019年7月12日 憧れを形に
2019年6月21日 公募仲間
2019年6月3日 ゴーストレート
2019年5月10日 わかってもらうには
2019年4月12日 時代を詠み込む
2019年3月22日 投稿し続ける意味
2019年3月1日 祖母の教え
2019年2月8日 ルーツをたどる
2019年1月18日 ペンネームどうしますか?
2018年12月27日 公募ママへの思い
2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに