公募を探す

使い道

  • 公募のコツ
  • 文芸

2022.05.16

公募歴6年、入選回数は200以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

近ごろ公募をぱったりとお休みしており、この連載の更新も滞ってしまいました。
実は、久しぶりに資格取得に挑戦していたのです。
社会に出てから身に染みて資格の大切さに気付くもの。

資格取得を目指したきっかけは多々ありますが、コロナによる不景気も関係しています。
社会情勢だけではなく、企業や個人の抱える課題も浮き彫りになったこの数年間。
自分の打たれ弱さを突き付けられ、自分の持っているもの、持っていないものを改めて考えさせられる期間となりました。
そんな最中で作った川柳が、株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズ主催の「日本の資格・検定」川柳 2022で賞をいただいたのです。

LEC賞に入選した作品がこちら

「給付金 受験に回し 世を回し」

実はこの川柳を作った背景にはこんなこともありました。

ある日、子どもが山本有三の話を友人としてきたことをきっかけに、我が家で「米百俵」の話になりました。
この時初めて知った私のような方がいらっしゃるかもしれないので、拙筆ながら「米百俵」のあらすじを書かせていただきますと、このような内容です。

『戊辰戦争に敗れ貧しくなった長岡藩に、支藩である三根山藩から贈られた米百俵。
藩士たちは少しでも生活が楽になると喜んだが、長岡藩の大参事である小林虎三郎は百俵の米を分配せずに、売却して学校を建てることを決める。
「百俵の米も、食えばたちまちなくなるが、教育にあてれば明日の一万、百万俵となる」
と諭し、反対する藩士たちを説得して設立された学校には、藩士の子弟だけでなく町民や農民の子どもも入学を許可された。』

このように、生活や国が豊かになるために優先することは「教育や教養」であると描かれています。
また、同じ資源でも、得た人や使い道によって結果は大きく変わるという点も重要でしょう。

食べるものにも事欠く状況下で、踏みとどまって未来への投資をする。
そんな先を見越した判断をすることは難しいものですが、いかなる苦境に立っても、教育をおろそかにはできないという考え方に感銘を受けました。

そして、コロナ禍での給付金は米百俵に通じるものが少なからずあると感じたのです。
手元にある資源を一時のもので終わらせることなく、今でいう「持続可能」なものにするにはどうすればいいか。

豊かに見える日本でも教育格差が生まれるこの時代で、自分にできることは何かと考えたとき、まず自身が勉強をし続けなければならないとも感じました。
そんな様々な思いが絡み合った作品が入選したことを、嬉しく思います。

それにしても、資格取得のために公募を我慢して我慢して、今は反動で公募へのやる気が燃え盛っているところです。
これから挽回するぞー!

公募ママ
賞品の講座一式

バックナンバー

2022年6月17日 入選常連・塩田友美子さんの気ままに公募ママ「言葉の選び方」
2022年5月16日 使い道
2022年3月21日 生活と公募
2022年2月8日 2022年の抱負
2021年12月29日 書くしかない
2021年12月10日 マンネリ化対策
2021年11月25日 「てへっ」でいい
2021年10月19日 歌え!
2021年9月24日 つまらない話
2021年9月2日 富士山を詠む
2021年6月18日 拾った言葉ノート
2021年5月14日 再スタート
2021年3月22日 明るさを調節する
2021年3月1日 シンプルを楽しむ
2021年2月8日 強かに詠む
2021年1月15日 変化する作品
2020年12月25日 行動から生まれるもの
2020年12月12日 第三十一回伊藤園お~いお茶新俳句大賞
2020年11月20日 『シルバー川柳10』
2020年10月23日 おウチde俳句大賞 その2
2020年11月2日 おウチde俳句大賞 その3
2020年10月16日 おウチde俳句大賞 その1
2020年9月25日 噛んで飲み込む時間
2020年9月4日 公募で考える未来
2020年8月14日 しっくりくる方法
2020年7月23日 苦手意識
2020年7月6日 今できること
2020年6月12日 公募の輪
2020年5月22日 インタビュー後記
2020年5月1日 あるもの
2020年4月10日 掛け合わせ
2020年3月23日 トレーニング
2020年2月28日 わたしのこと
2020年2月8日 自分らしさ
2020年1月17日 インプットする
2019年12月28日 時には真面目に
2019年12月6日 見て書く
2019年11月18日 「進行形」の力
2019年10月25日 公募の入口
2019年10月4日 公募をする理由
2019年9月13日 連想ゲーム
2019年8月26日 抽選か審査か
2019年8月2日 俳句に挑戦
2019年7月12日 憧れを形に
2019年6月21日 公募仲間
2019年6月3日 ゴーストレート
2019年5月10日 わかってもらうには
2019年4月12日 時代を詠み込む
2019年3月1日 祖母の教え
2019年3月22日 投稿し続ける意味
2019年2月8日 ルーツをたどる
2019年1月18日 ペンネームどうしますか?
2018年12月27日 公募ママへの思い
2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに