公募を探す

入選常連・塩田友美子さんの気ままに公募ママ「言葉の選び方」

  • 公募のコツ
  • 文芸

2022.06.17

公募歴6年、入選回数は200以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

しばらく公募をお休みしていたと前回お伝えしましたが、発覚したことがあります!
それは、いつの間にかアイディアを出す「癖」が、どこかへいってしまったことです。
川柳や短歌も、毎日のように考えていた時期は発想のスピードも速かった。
でも今、とても苦戦しています。

当たり前のことでしょうが、何事も関わらないとわからなくなっていくものですね。
筋力もトレーニングをしなければ衰えていくように、近ごろは公募の筋肉も動きが鈍い。
自分が大切だと思っていることからは、なるべく離れない方がいいのだと実感しました。
そういうわけで、ひとつの作品をつくるだけでも唸りながら、生みの苦しみを味わっている最中です。

少し前に入選したこちらの作品は、まだ継続的に創作していた時のもので、パッと思いついたものでした。
湯快爽快の月間賞に選んでいただきました。

また来るよ くもった窓に 誰かの字

こちらは、以前この連載にも書いたことがありますが、日帰り温泉湯快爽快が主催しているもので「風呂」と「今月のお題」を掛け合わせて考える「ダブルお題」のタイプの公募です。
今回入選した時のお題は「予告状」でした。

この作品、投稿したはいいものの、実はあとから「こうすればよかったかな」「ああすればよかったかな」なんて考えた作品のひとつです。
その理由は「また来るよ」の部分の考えが甘かったかな、と思ったからです。
この部分を変えるだけで、受ける印象が変わることに気づきました。

「また来よう」にすると、複数人できた印象の作品となりますよね。
「また来たい」にすると、遠くてなかなか来られない人なのかもしれないというニュアンスが含まれませんか。
「また来るか」にすると、気軽な常連の雰囲気も出るように感じます。
「また来るぜ」にするとちょっと元気な男の子かな、なんて想像もできます。
このように、たった数文字で印象は大きく変わりますが、あまり考えずに投稿してしまった!と後から少し悔やみました。
しかし、「また来るよ」というメッセージ口調が、銭湯の店員さんや、ほかのお客さんに語り掛けるようで結果的によかったのかなと思います。

このように、同じような意味や言葉でも数文字で、印象がガラリと変わっていくことがありますよね。
きっと私たちの日常生活でも、そうなのでしょう。
例えば、子どもに話しかけるとき、「ダメ」とか「やめなさい」なんて親は言いがちですが、「こうするといいよ」とか「こうしてみよう」なんて言うと、互いに明るい気持ちになるように。
意識して選んだ言葉を口に出す癖をつけていくことで、スムーズな会話が成り立っていき、大げさに言えば人間関係まで変わっていくのかもしれません。

できるだけ素敵で、自分が納得のいく言葉を選べるように、よく頭の中で一人会議をしています。
きっと素敵な言葉選びは良い心の訓練となって、暮らしの中で自分自身も救ってくれるのではないでしょうか。

バックナンバー

2022年6月17日 入選常連・塩田友美子さんの気ままに公募ママ「言葉の選び方」
2022年5月16日 使い道
2022年3月21日 生活と公募
2022年2月8日 2022年の抱負
2021年12月29日 書くしかない
2021年12月10日 マンネリ化対策
2021年11月25日 「てへっ」でいい
2021年10月19日 歌え!
2021年9月24日 つまらない話
2021年9月2日 富士山を詠む
2021年6月18日 拾った言葉ノート
2021年5月14日 再スタート
2021年3月22日 明るさを調節する
2021年3月1日 シンプルを楽しむ
2021年2月8日 強かに詠む
2021年1月15日 変化する作品
2020年12月25日 行動から生まれるもの
2020年12月12日 第三十一回伊藤園お~いお茶新俳句大賞
2020年11月20日 『シルバー川柳10』
2020年10月23日 おウチde俳句大賞 その2
2020年11月2日 おウチde俳句大賞 その3
2020年10月16日 おウチde俳句大賞 その1
2020年9月25日 噛んで飲み込む時間
2020年9月4日 公募で考える未来
2020年8月14日 しっくりくる方法
2020年7月23日 苦手意識
2020年7月6日 今できること
2020年6月12日 公募の輪
2020年5月22日 インタビュー後記
2020年5月1日 あるもの
2020年4月10日 掛け合わせ
2020年3月23日 トレーニング
2020年2月28日 わたしのこと
2020年2月8日 自分らしさ
2020年1月17日 インプットする
2019年12月28日 時には真面目に
2019年12月6日 見て書く
2019年11月18日 「進行形」の力
2019年10月25日 公募の入口
2019年10月4日 公募をする理由
2019年9月13日 連想ゲーム
2019年8月26日 抽選か審査か
2019年8月2日 俳句に挑戦
2019年7月12日 憧れを形に
2019年6月21日 公募仲間
2019年6月3日 ゴーストレート
2019年5月10日 わかってもらうには
2019年4月12日 時代を詠み込む
2019年3月1日 祖母の教え
2019年3月22日 投稿し続ける意味
2019年2月8日 ルーツをたどる
2019年1月18日 ペンネームどうしますか?
2018年12月27日 公募ママへの思い
2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに