はじまり

  • コラム・リサーチ
  • 文芸

2018.03.23

公募歴2年半にして入選回数100以上。驚異の入選確率を誇る塩田友美子さんには、どんな秘密があるのだろう。読めば自分も入選できる!?

はじまり

「今日はみなさんに重大な発表があります!」

なんて書き出しだと
「なんだろう?」とちょっと気になりませんか?
文章の書き出しには様々なパターンがあると思いますが、エッセイなどで私は「会話」から始めるのが好きです。
実際に入選した私の作品も、会話から始まるものが多い傾向があります。
相手が必ずいる会話のシーンからはじめることで、読み進みたくなる効果があるように思うのです。

大きい賞ほどたくさんの応募がありますし、もちろんプロではない我々にファンなんていないでしょう。
つまり最後まで読んでいただくには書き出しは非常に重要な部分となってきます。
一生懸命書いた作品のすべてをどうか審査員の方に読んでもらいたい!
そんな思いで、できるだけ読み進んでもらえるような言葉を始めに持ってくるよう意識して書いています。

また、他の方の入選された作品の書き出し部分をたくさん読むようにもしています。
どなたもそれぞれに工夫をなさっているのです。
たとえば「40年前のことである」から始まる文は、おおよその時代背景とその方のご年齢がすぐに想像でき頭に入ってきやすいです。
「ピンポーンと玄関のインターホンが鳴った」という書き出しだと、誰が来たのだろうと気になりますし、音を入れることによって人間の五感にも訴えてきます。
このように「私は~です」というオーソドックスな書き出しから一歩踏み出すと、ずいぶん文章の世界が広がっていくように思います。
少し読むつもりがすべて読んでしまう作品はやはり、書き出しの部分からぐっと心をつかまれているのです。

きっとみなさんにもこだわりの書き方があることと思います。
誰かの入選作品からヒントをもらったり、これまでとは違う新しい手法を試してみるというのも公募の楽しみ方の一つではないでしょうか。

バックナンバー

2018年12月7日 NHK短歌!
2018年11月16日 賞を深掘り!「響」文学賞
2018年10月26日 「小さな助け合い物語賞」表彰式へ!
2018年10月9日 フィクション?ノンフィクション?
2018年9月14日 どこに入っているの?
2018年8月24日 絵っ!?のレベル
2018年8月3日 大人も絵本を
2018年7月13日 締め切り対策
2018年6月22日 公募三種の神器
2018年5月22日 賞を深掘り! 各務原市文芸祭
2018年5月2日 賞を深掘り!「たった一言でコンテスト」
2018年4月13日 やってみる
2018年3月23日 はじまり
2018年3月2日 外からの目
2018年2月9日 エッセイのテーマ
2018年1月19日 今年の目標
2017年12月22日 感謝
2017年12月1日 手紙
2017年11月9日 チャンスの大きい公募
2017年10月13日 「自由」を楽しむ
2017年9月22日 公募を始めたての頃
2017年9月8日 語尾の大切さ
2017年8月25日 はじめに