mottomoオンラインイベント第2弾「小説とエッセイ、書く楽しみ」

2021.08.06

作家、イラストレーター、コピーライターなど、第一線で活躍する
プロのクリエイターをお迎えし、毎月オンラインイベントを実施します。
書くことを生業としたい方も、一生の趣味としたい方も、必見!
作家の阿刀田高さんと岸本葉子さんが、ご自身の経験をもとに
「書く秘訣」を伝授します。

Kishimoto Yoko
エッセイスト。食や暮らしのスタイルの提案を含む生活エッセイや、旅を題材にしたエッセイを多く発表。同世代の女性を中心に支持を得ている。

Atouda Takashi
直木賞作家。ミステリーやブラックユーモア、「奇妙な味」の短編で知られる。ショートショートでは星新一死後の第一人者的存在。

イベント内容

これまで短編小説を800編以上書いてきた阿刀田高さんと、エッセイストとして名高い岸本葉子さんに、小説とエッセイについてお話しいただきます。お二人への質問コーナーもご用意しています。

●小説の書き方、アイデアの育て方

●着想を得て、エッセイにするまでの過程と、リアリティーを持たせるコツ

●これまでさまざまな公募や文学賞の選考委員をされてきて思う、受賞作にふさわしい作品とは?

●持って生まれた才能はあるのか? 才能がなくても発掘して、磨き上げることはできるのか?

開催
2021年9月18日(土)
14:00-15:30
参加
Zoomウェビナー形式
締切
2021年9月8日(水)
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。
参加費
●mottomoプレミアム会員(定期購読者) …… 1,000円(税込)
※ご契約期間が6ヶ月以上の方。もしくは、ご契約期間にかかわらず6ヶ月以上継続して定期購読いただいている方。今月新規ご入会の方も対象。
●上記以外の方 …… 2,500円(税込)
定員
先着100名
【参加にあたって】
・内容は変更となる可能性があります。
・Zoomを使用します。事前にインストールしておく必要があります。
・受講が確定した方には開催1週間前に招待メールをお送りいたします。
・お客様都合によるお申し込み後のキャンセル及び返金はお受けしておりません。予めご了承ください。

お申し込み

※mottomoプレミアム価格でお申し込みいただける方は、mottomoプレミアム会員(定期購読者)のうち、ご契約期間が6ヶ月以上の方に限ります。

mottomoプレミアムについてはこちらをご覧ください。
次回予告
開催
10月予定
申込受付
9月9日(木)開始
1951年、広島県生まれ。81年『さようならギャングたち』で群像新人長編小説賞を受賞。小説、翻訳(『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』)、評論など多数。日本のポストモダン文学を代表する作家。