阿刀田高のTO-BE小説工房 選外佳作「ホール占い」サエ

  • 結果発表
  • 文芸
  • 会員限定

2018.06.08

第39回 阿刀田高のTO-BE小説工房 選外佳作「ホール占い」サエ

土曜の夕方、街を歩いていると、路上に「ホール占い」と赤字で書かれた白い看板を見つけた。

「ホール占い」って何かしら?

夫は仕事仲間とゴルフに出かけ、帰りは明日の夜だ。どうせ帰っても一人で夕食を摂るだけ。暇だからちょっと覗いてみよう。私はビルの一階にある占いの店に入った。

入口を入ると、占いをする部屋の前に布のソファがあった。端正な顔立ちの三十歳位の青年と、グレーのスーツを着た中年の女性がソファに並んで腰掛け、順番を待っていた。私は青年の隣に座った。

ソファの横の壁に占いの説明が貼ってあった。壁に空いている穴に右手を入れ、触れた物で三か月後の運命を占うらしい。

なんだか胡散臭いな。穴に仕掛けがあるんじゃないの?

占いの部屋から呼ばれ、隣の青年が部屋に入った。しばらくすると、青年は満面に笑みを湛えて出てきた。

「どうでした?」と尋ねると、

「穴に手を入れたら芝居の台本がありました。三か月後の今日、僕は主役に抜擢されるんだ」青年は喜びを隠しきれない様子で帰って行った。

次に中年女性が呼ばれ、部屋に入ったが、数分後、ハンカチで顔を抑え、泣きながら出てきた。

どうしたのかしら? 何か悪いことでも言われたのかしら? 私は怖くなった。三か月後の運命なんて知らないほうがいいかも知れない。ソファから腰を上げかけると、

「次の方どうぞ」

占い師に呼ばれ、帰るタイミングを失した私は部屋に入った。

六畳くらいの部屋の中央に机があり、黒い服を着て紫色の髪をした女占い師が一人座っていた。占い師の傍らの壁には、直径三十センチ位の円い穴が空いていて、穴の前に椅子があった。

「椅子に座って壁の穴に右手を入れてください」

促されるまま、椅子に座った。壁の穴の中は真っ暗だった。恐る恐る右手を入れると、角の丸い板のような物に触れた。先を探ると、冷たい金属の板のような物、角がざらざらしている。

「何かありましたか?」占い師に問われた。

「刃物のようなものが」

「そうですか。三か月後の今日、あなたは事件に巻き込まれるかも知れませんよ。気をつけてください」そう告げられた。

あんな占いするんじゃなかったわ。きっと、待合室にカメラが仕掛けてあって、客を見て穴に物をセットしているのよ。若い男の客は喜ばせて、女の客は痛い目に遭わせる。あの占い師、独身なんだわ。自分より若い女が来ると、嫉妬して嫌がらせをするのよ。高い料金払って損したわ。あんな嫌なこと、もう忘れよう。

だが、冷たい刃物のような物の感触と共に、占いのことは頭にこびりついた。

三か月後のその日は、朝から落ち着かなかった。占いのことは夫に話したが、「バカバカしい、騙されたんだよ」と一笑されただけだった。

夫が出勤すると、一人になった。私は四十過ぎて結婚し、一度妊娠したが流産をして子供はできなかった。

商社に勤めている夫は仕事が忙しく、ゆっくり話すこともないが、夫が定年退職をすれば、一緒に旅行したり、二人だけの時間が持てるだろう。

週末の夜は夫の帰りが遅い。きょう一日、やり過ごさなくては。

開け放したベランダの窓の向こうから、誰かに見られている気がして、窓を閉めた。

午前中は洗濯と掃除をした。昼食を摂り、午後は裁縫をした。

午後六時、夕食を済ませた。あと六時間、無事に過ぎれば。

八時になったが、夫はまだ帰らない。どこかで一杯やってるんだろう。早く帰ってくればいいのに。

十時過ぎ、ようやく夫が帰宅した。

もう大丈夫。なんだ、やっぱり何もなかったじゃない。

帰宅した夫は着替えもせず、食卓に着いている私の向かいの席に座った。

夫は暗い顔をしている。不景気のせいで、夫は会社から早期退職を迫られている。きっとそのせいだろう。

「話があるんだ」夫は私の顔を見て、低い声で切り出した。

「離婚してくれないか、恵美に子供ができたんだ」

突然、頭から冷水を浴びせられたようだった。

「恵美って、あなたの部下の?」

林恵美、東北出身で、色白で妖艶な体つきをした二十代後半の女。「部長さんにはお世話になっています」職場にいる夫を訪ねた時、自己紹介されたことがあった。

「いつからなの?」

「去年から。俺は退職して、恵美の実家の農園を手伝う。これに判を押してくれないか。俺はこれから恵美の実家に行く」

食卓に離婚届が置かれている。私は目の前がくらくらし、食卓の椅子に座ったまま動けなかった。

夫は自室に入り、旅支度をしているようだ。

ずっと浮気をしていたのね。週末に泊りがけで出かけたり、帰りが遅かったのは、あの女と会っていたのね。

夫とあの女がベッドを共にしている情景が浮かんだ。

私が産めなかった夫の子をあの女が産む。子供は産めなかったけど、この十年あなたに尽くしてきたわ。今さら離婚するなんて。ひどい。私はどうなるの? 私を不幸にして、二人で幸せになんかなれないわよ。そんなこと許さない。

涙で潤んだ視界に、調理台の上の、光る包丁の刃先が飛び込んだ。